[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、6年前の伝説演技に再脚光 五輪メディアが回想「世界に名乗りを上げた日」

SPでは史上初100点超え「まさに度肝を抜くパフォーマンスで世界に名を知らしめた」

 特に、フリーの前日に演じたショートプログラム(SP)の史上初の100点超え演技にフォーカス。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

「五輪開幕から1週間。19歳のユヅル・ハニュウがアイスバーグ・パレスのリンクに上がり、SPを演じた。その2分50分後、まさに度肝を抜くパフォーマンスで世界に名を知らしめた。ゲイリー・ムーアのパリの散歩道に乗せて、4回転トウループに3回転半、3回転ルッツと3回転トーループのコンビネーションジャンプを決めた」と演技の内容を紹介したうえで、「彼の演技は世界新記録となる101.45点を挙げ、史上初めて100点の壁を破った。カナダのパトリック・チャンに4点差のリードをつけて首位に立った」と振り返っている。

 続く2018年の平昌五輪も制して66年ぶりの連覇を達成。先日の4大陸選手権で初優勝し、男子初の「スーパースラム」を達成するなど、今なお王者として君臨する羽生。2014年に放った強い光は今もなく輝き続けている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集