[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パナソニック、激戦の全勝対決制して開幕5連勝 満員熊谷で首位キープ、東芝は初黒星

ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝。首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。第1試合のキヤノン―ホンダに続き、熊谷は満員となった。観衆は2万2705人だった。

2万2705人の観衆が詰めかけ満員となった埼玉・熊谷ラグビー場【写真:宮内宏哉】
2万2705人の観衆が詰めかけ満員となった埼玉・熊谷ラグビー場【写真:宮内宏哉】

稲垣&堀江&松田を擁するパナソニックがリーチ擁する東芝と激突

 ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝。首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。第1試合のキヤノン―ホンダに続き、熊谷は満員となった。観衆は2万2705人だった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 立ち上がり、主導権を握ったのは東芝だった。前半3分、敵陣深くモールから素早いパスで中央に展開し、最後はFBティム・ベイトマンがゴール右隅にトライ。SH小川高廣がコンバージョンも決めて7-0とリードした。リーチがボールを持つと、満員の熊谷から「リーチ!」の大合唱で後押しした。

 しかし、パナソニックも反撃に出る。13分にFL長谷川峻太がこの日初トライを挙げて5-7と、一度はWTBジョネ・ナイカブラのトライで5-12と突き放されたものの、23分に松田のペナルティーゴール、29分にはLOヒーナンダニエルと松田のコンバージョンで15-14と逆転。32分にはCTBディラン・ライリーも続いてトライを挙げ、コンバージョンを決めて22-14とリードした。

 東芝は33分にLO梶川喬介が危険なタックルでシンビンとなったが、39分にペナルティーキックを得ると、小川が決めて17-22と1トライ差で試合を折り返した。

 後半も序盤は東芝ペースとなった。5分、敵陣残り5メートルの右ラインアウトからモールで押し込み、最後は途中出場のHO橋本大吾がトライ。コンバージョンは決まらなかったが、22-22の同点とした。さらに、10分にはピッチを広く使った素早いパスの展開からナイカブラについないで右隅にトライ。27-22とリードを広げた。

 パナソニックも取られたら取り返した。敵陣残り12メートルの左ラインアウトからつなぎ、途中出場のデービッド・ポーコックが突進。最後は同じく途中出場のCTB山沢拓也がゴール右に決め、松田のコンバージョンで29-27と再逆転に成功した。27分には敵陣で再三の攻撃展開から最後はWTB竹山晃暉がゴール左隅に飛び込むトライで34-27と突き放した。

 こうなると、勢いはパナソニック。32分には途中出場のSH小山大輝がトライを決め、コンバージョンも成功で41-27と突き放した。小山は43分にもトライを決め、46-27。東芝の反撃を封じ切ったパナソニックは無傷の開幕5連勝。首位をキープした。敗れた東芝は初黒星で4勝1敗とした。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集