[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、ゴンザガ大時代の同僚クラークが“再競演”に感動「本当に感謝でいっぱい」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は、14日(日本時間15日)、若手のオールスター「ライジング・スターズ・チャレンジ」に「世界選抜」の一員として出場。20分28秒のプレーで14得点、7リバウンド、4アシスト、1スティールを記録した。ゴンザガ大時代にチームメイトだったブランドン・クラークが試合後に、八村との競演について語った。

「ライジング・スターズ・チャレンジ」出場後、取材に応じる八村塁【写真:土屋一平】
「ライジング・スターズ・チャレンジ」出場後、取材に応じる八村塁【写真:土屋一平】

ブランドン・クラークと八村が「世界選抜」で大学以来のチームメイトに

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は、14日(日本時間15日)、若手のオールスター「ライジング・スターズ・チャレンジ」に「世界選抜」の一員として出場。20分28秒のプレーで14得点、7リバウンド、4アシスト、1スティールを記録した。ゴンザガ大時代にチームメイトだったブランドン・クラークが試合後に、八村との競演について語った。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 ゴンザガ大の2大エースが再び同チームでプレーした。「世界選抜」の一員としてカナダ人のクラークと日本人の八村が大学以来のチームメイトになった。クラークは24分間の出場で22得点8リバウンド2アシストの活躍。八村と息の合ったプレーを時折見せるなど、元同僚との束の間の競演を楽しんだようだった。

 試合後に「1年前は大学でお互い競い合っていたが、1年後にこの舞台にお互い立っていることを想像できたか」との問いに対し、「正直想像できなかったね」と話したクラークは「ここに来るまで長い旅だったから、本当に感謝でいっぱいだし、誇りに思う。彼と一緒にここにいることについて、どれだけ幸せでどれだけ誇りに思っているか、表現できる言葉がなかなか見つからない」と八村とともにこの大舞台に立てたことに感動した様子で続けた。

 また、八村とは今もつねに連絡を取り合っているそうで、会話内容については「なんでも話すよ。試合で疲れたこととか、ルーキーイヤーの大変さとか、人生のこととか、友達や家族についてとかね」と仲のいい友人としての顔もぞかせた。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集