[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチがオンライン会見 今こそ「ONE TEAM」呼び掛け「全員が責任持って行動を」

昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表の主将を務めたリーチ・マイケル(東芝)がビデオ通話で取材に応じた。新型コロナウイルスの影響でトップリーグは、2月22、23日の第6節を最後に中断。そのまま再開できず残り試合が中止となり、リーグ不成立となった。

リーチ・マイケル【写真:Getty Images】
リーチ・マイケル【写真:Getty Images】

リーチがビデオ通話で取材対応「常に自分の行動を見直すことが大事」

 昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表の主将を務めたリーチ・マイケル(東芝)がビデオ通話で取材に応じた。新型コロナウイルスの影響でトップリーグは、2月22、23日の第6節を最後に中断。そのまま再開できず残り試合が中止となり、リーグ不成立となった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「W杯が終わってトップリーグも盛り上がってるなかでコロナの影響でラグビーできなくて、選手だけじゃなくファンも残念がっている。東芝も調子が良くて優勝に向かって準備していたので残念。でも命が一番大事。感染拡大しないように正しい判断をしたと思う。ファンと選手はもう少しやりたがっていたけど、今のシーズンは我慢して来年に向かってやっていきたい」

 こう心境を語ったリーチ。現在の東芝の共有ジムは閉鎖中。トレーニングは自宅でできることをやっており「今、縄跳びにハマっています。YouTubeを見てどうすればいいか勉強している。娘も一緒にハマっています」と明かした。ダンベルで上半身のトレーニングもしているという。

 昨秋のW杯で一大ブームを巻き起こしたラグビー。代表スローガン「ONE TEAM」は流行語になった。今こそ求められる状況。生みの親のリーチは「ONE TEAM」の意味を改めて説明した。

「ONE TEAMで大事なのは、一人ひとりが責任を持ってやること。トップに従ってそれをやればONE TEAMになる。今は小池知事も東京で外出制限を呼び掛けているし、一人ひとりが意識して行動すれば感染拡大を防げると思う」

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。乗り越えるために必要な行動を挙げた。

「常に自分の行動を見直すこと。一週間でレビューしたり、一日ごとにしたり。そうやって考えて行動することが大事。慣れてきて、ニュースを見なくなって油断したところが危ない。だから、毎日自分の行動を見直すことが大事。僕も毎日やっている。難しいけど、人がいるところに行かない。クラスターを作らないことが大事」

 早期の終息を願うリーチ。今季は不成立となったが、来季を見据えて行動し、全員でONE TEAMになることを呼び掛けた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集