[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「この時のベイルに戻って」 レアルFW、“超高速60mドリブル弾”の衝撃再び

海外サッカー、スペイン1部レアル・マドリードのFWガレス・ベイル。新型コロナ禍でリーガの中断が続く中で、クラブは6年前の4月16日にマークした60メートルドリブル弾にフォーカス。超スピードで相手を一瞬のうちに交わし去る、伝説的な一撃が再び反響を集めている。

ガレス・ベイル【写真:Getty Images】
ガレス・ベイル【写真:Getty Images】

2014年の4月16日、スペイン国王杯決勝で決めたドリブル弾に注目集まる

 海外サッカー、スペイン1部レアル・マドリードのFWガレス・ベイル。新型コロナ禍でリーガの中断が続く中で、クラブは6年前の4月16日にマークした60メートルドリブル弾にフォーカス。超スピードで相手を一瞬のうちに交わし去る、伝説的な一撃が再び反響を集めている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー・田中マルクス闘莉王インタビュー(GROWINGへ)

 これがベイルの持ち味だ。2014年のコパ・デル・レイ決勝。バルセロナを相手に、スピードスターが本領を発揮した。1-1で迎えた後半40分、後方からの縦パスをハーフライン上でボールを受けたベイル。前に相手DFマルク・バルトラが迫っていたが、大きく前にボールをけり出し、一気に加速した。

 マークしていたバルトラに体をぶつけられ、一度はタッチラインの外に押し出されたベイル。だが、ここからだ。大きく外を回る形になりながらも、瞬時にトップギアに達しバルトラより先にボールに追いつくと、そのまま自らエリア内に持ち込み、左足でゴールネットを揺らして見せたのだ。

 タイトルを引き寄せた圧巻のドリブル弾。クラブは公式インスタグラムで「決勝戦の勝利を決める……偉大な60メートルラン!」と題して動画付きで実際のゴールシーンを公開。未だ語り継がれるようなベイルのスピードは海外ファンを再び驚かせている。

「ガレス・ボルト」
「ガレス・ベイルにとって最高のゴールの1つ。バルトラを無残にも打ち砕いた」
「レアル・マドリードはバカなことをしちゃだめだ。彼をチームに残そう」
「この時のベイルに戻ってくれ」
「社会的距離を取っているね」
「ベイルはもっとリスペクトを受けるに値する」
「このゴールでバルトラのキャリアを終わらせた」

 ここ数シーズン、期待されるほどの結果を残せず常に不要論がつきまとうベイル。今季、公式戦18試合に出場するも、3得点2アシストにとどまっている。夏の退団もうわさされる中で、本来のパフォーマンスを発揮する日をファンは待っているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集