[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モンゴル人力士の活躍で興味 リーチ マイケルが発掘、ラグビー留学生「ノロブ君」とは

ラグビー日本代表リーチ マイケルが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、アジアラグビーの未来にかける想いを明かした。現役生活の傍ら、モンゴル人留学生の架け橋作りを行っている33歳。ワールドカップ(W杯)3大会に出場し、押しも押されもしないトップラガーマンが、なぜ決してラグビーが盛んとは言えない地域の普及・発展に乗り出したのか。「今はずっとそのことばかり考えている」という情熱に迫った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

リーチ マイケルはなぜモンゴルでラグビーの普及に励んでいるのか【写真:Getty Images】
リーチ マイケルはなぜモンゴルでラグビーの普及に励んでいるのか【写真:Getty Images】

花園に出場した一人のモンゴル人留学生、リーチとの知られざる関係とは

 ラグビー日本代表リーチ マイケルが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、アジアラグビーの未来にかける想いを明かした。現役生活の傍ら、モンゴル人留学生の架け橋作りを行っている33歳。ワールドカップ(W杯)3大会に出場し、押しも押されもしないトップラガーマンが、なぜ決してラグビーが盛んとは言えない地域の普及・発展に乗り出したのか。「今はずっとそのことばかり考えている」という情熱に迫った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 年末年始に行われた全国高校ラグビー選手権。楕円球を追う高校生すべてが憧れる夢の花園に、ラグビー未開の地から来た1人の選手が立った。

 ダバジャブ・ノロブサマブー、札幌山の手(南北海道)の2年生ロック。フィジーやサモア、トンガなど留学生自体は高校ラグビーでも珍しくはないが、彼の母国モンゴルというのは珍しいものである。1回戦の黒沢沢尻(岩手)戦の後半27分から出場。わずか3分の出場ながら、トライまであと50センチに迫るプレーも見せた。2回戦でシード校・大阪桐蔭(大阪)に敗れたものの、大健闘だった。

「まずはメンバーに選ばれることがノロブ君にとっては大きなステップ。その上で、試合に出たことは凄く嬉しかった。毎日、夜に何かしらメールしています。『あと少しでトライだったね』と言ったら『試合に出られるように頑張ります』と言ってくれて」

 12月29日の1回戦翌日に行ったインタビューで、こう言って表情を崩したリーチ。なぜ日本を代表する選手が、ラグビーが盛んではないモンゴル出身の「ノロブ君」と“メル友”なのか。その裏にアジアラグビーの普及・発展に知られざる情熱があった。

 リーチがアジアラグビーに触れたのは、20歳で選ばれた日本代表で駆け出しの頃に出場したアジア5か国対抗(現アジアチャンピオンシップ)。韓国、香港、カザフスタンなどレベルの差は歴然。日本は17年まで出場した30回で25回優勝している。

 誰よりもラグビーと日本を愛し、情熱と責任が宿る男は「どんな相手でも60点、80点、100点を楽に取れるくらいの大会。あまりにも差が大きくて。アジアをもっと強くしていかないといけないと次第に思うようになった。それが、No.1にいる日本の責任だと思った」と振り返る。

 五輪、サッカーワールドカップ(W杯)とともに、W杯は世界3大スポーツイベントに数えられるラグビー。世界的な普及へ。アジアの競技人口の少なさ、指導者の質など、戦っていくうちに課題がいくつも見えた。アジアラグビーへの貢献を夢見始めた。

 アジアの未来に目を向けた時、リーチの目にとまったのが、モンゴルだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集