[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モンゴル人力士の活躍で興味 リーチ マイケルが発掘、ラグビー留学生「ノロブ君」とは

朝青龍、白鵬の活躍で興味「モンゴルの人がラグビーをやったら絶対強くなる」

 理由はモンゴル相撲の存在である。15歳で来日以来、リーチが見た大相撲はモンゴル相撲出身の力士が席巻していた。「高校時代は朝青龍、大学時代は白鵬」。同じコンタクトスポーツ。あの屈強な下半身とハングリー精神がラグビーに転換されたらどうなるか、興味が膨らんだ。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「朝青龍だったか白鵬だったか、インタビューで『日本では相撲のチャンピオンになれても、モンゴル相撲ではチャンピオンになれない』と聞いて、凄い世界だなと。日本の相撲は上下関係も稽古も厳しい。本当にタフじゃないとやっていけない。白鵬も15歳から日本語すら分からず日本に来て、チャンピオンになれた。モンゴルの人たちがラグビーをやったら絶対に強くなる」

 15歳でニュージーランドから留学し、人生が変わった自分のように、日本で夢を追うモンゴルの若者を作りたい。20代から温めていたプランを行動に移したのは30歳を迎える2018年のこと。ツイッターでモンゴルラグビー協会を探し、自らの構想をメールで送ると、好意的な返信が来た。

 わずか2か月後。代表合宿の期間中、合間にあった3日間のオフを利用し、宿舎からタクシーで直接空港へ。自費で現地に渡った。冬とあって「マイナス18度くらい。空港からの道中は砂漠のように何もなくて。でも、街中に行くと子供たちが平気でTシャツや短パンで過ごしている」と驚いたが、厳しい環境でも逞しく生きるメンタリティーはラグビーに繋がると直感したという。

 実施したのはモンゴル相撲経験者を含め、20人を集めたセレクション。選考の第一条件にしたのが「ジャパンドリームを掴みたい選手」だ。「ちょっと恵まれないくらいの環境から来た方がよく頑張る」が、狙いだった。

 そして、冒頭の話に戻る。ここで選ばれたのが、ウランバートル出身のノロブサマブー。「ダントツで興味があったのがノロブ君」とリーチ。「レスリングをやっていたけど、手がデカくて、ラグビー向きだと思った。本当に静かで、スポーツもそこまで経験なくて」。ラグビーのルールも知らなかったが、伸びしろの塊に映った。19年W杯の開幕戦に招待し、日本―ロシア戦を観戦してもらった。

 2020年春、自身の母校である札幌山の手に留学。日本語も話せなかったが、リーチを育てた恩師・佐藤幹夫監督に支えもあり、教えをスポンジのように吸収し、成長した。頻繁に送られてくる相談事のメールやプレー動画に、リーチもアドバイスを返した。「コンタクトは怖がらないのが凄く良い」と選手としてのポテンシャルを感じる。

「タックルやディフェンスの痛いプレーも嫌がらずにやる。そのスキルがあれば日本で十分ラグビーができる。パスはやればうまくなるけど、怖がらずにプレーするのはトレーニングが必要だから。自然に持っている力。それをどう鍛えるかが今後は大事になる」

 ラグビー歴2年足らずで立った花園。「モンゴルの子供を連れてきて、日本でラグビーをしてもらうという僕の夢が現実になった」という言葉通り、リーチにとっては格別の喜びになった。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集