[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】リーチ、開幕戦後に相手ロッカー訪問 “粋な贈り物”に海外感動「なんて素晴らしい!」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、9月20日の開幕戦で日本がロシアを破った後の日本刀贈呈だ。リーチ・マイケル主将が相手ロッカーを訪問。ロシア協会公式ツイッターが実際の画像とともに紹介し、海外ファンに感動が広がった。

日本代表キャプテンのリーチ・マイケル【写真:AP】
日本代表キャプテンのリーチ・マイケル【写真:AP】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、9月20日の開幕戦で日本がロシアを破った後の日本刀贈呈だ。リーチ・マイケル主将が相手ロッカーを訪問。ロシア協会公式ツイッターが実際の画像とともに紹介し、海外ファンに感動が広がった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 日本らしさはこの時から始まった。開幕戦後、ロシア協会公式ツイッターが公開したのは2枚の画像だった。ロシア選手が多く居並んだロッカー。そんな中でリーチ主将が訪れ、1人の選手と握手を交わしている。相手は日本選手が選ぶ、マン・オブ・ザ・マッチとなったキリル・ゴロスニツキーだ。しかも、その左手には日本刀が渡されており、周りの選手も拍手で称えている。

 もう1枚の写真では笑顔で並んだ2ショットも。投稿では「ラグビーW杯2019日本代表キャプテンのリーチ・マイケルが試合終了後、日本による対戦相手のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたキリル・ゴロスニツキーに日本の侍の刀をプレゼントした」と状況をレポート。勝って喜びに浸る一方で80分間、戦い抜いた相手選手への敬意を忘れず、粋なプレゼントまで贈っていたのだ。

 感動的な場面を目の当たりにした海外ファンも「これがラグビーのすべて!」「なんて素晴らしい!」と感激の声を上げていたが、大会公式ツイッターも反応した。これを引用する形で「全てはこれに尽きる。ピッチに立てば激しく戦い、ピッチを離れれば友だ」と記し、感銘を受けた様子。大会開幕の日にホスト国である日本が勝利以外にも光を浴びた。この日から、誇り高き桜のジャージの快進撃が始まった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集