[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフのニュース一覧

  • 「前例ない」「最も奇妙」― 4年前の驚き2パットに改めて脚光

    2017.08.17

    今年の全米プロゴルフ選手権はジャスティン・トーマスの初優勝で幕を閉じた。今大会では松山英樹にメジャー初制覇の期待が寄せられたが、最後は5位タイでフィニッシュ。一時は首位に立ったものの、勝負所のパットでミスが目立ち、悲願の優勝は今後に持ち越すことになった。

  • 松山、「涙のV逸」の裏で… 大健闘の「通算20アンダー」とは?

    2017.08.16

    男子ゴルフの世界ランキング2位・松山英樹(レクサス)は全米プロゴルフ選手権で最終日に一時首位に立ちながら、逆転でV逸。5位に終わり、悔し涙を流していたが、今季の四大メジャーで大健闘の数字を残している。欧州ツアーが公式ツイッターで紹介している。

  • 「マツヤマも含まれる」 米紙特集、「20代の肖像」が世界のゴルフを変えるのか

    2017.08.15

    海外男子ゴルフは若手の台頭が著しい戦国時代と化している。先週の全米プロゴルフ選手権を制したジャスティン・トーマス(米国)は24歳で、7月に全英オープンを制したジョーダン・スピース(米国)とは同い年の幼馴染。躍進を続ける20代について、トーマスは「僕らがノッているのは最高なこと」と米紙「USAトゥデー」で語り、記事では「20代の肖像にはヒデキ・マツヤマも含まれる」と25歳の松山英樹(レクサス)にも言及している。

  • 反逆のアン・シネ、超ミニスカで煙る「美ショット」に激励の声「次は予選突破を」

    2017.08.15

    女子ゴルフのアン・シネ(韓国)が自身のインスタグラムを更新し、練習場で華麗なアイアンショットを披露。2週連続予選落ちから逆襲へ、調整に余念がない様子で、ファンから「次は予選突破を」との激励の声が上がっている。

  • ウッズ、全米プロVトーマスと“王者の晩餐”に反響「2人の偉大なチャンピオンだ」

    2017.08.15

    男子ゴルフの元世界ランキング1位、タイガー・ウッズ(米国)が、前週の全米プロゴルフ選手権でメジャー初制覇した母国の後輩、ジャスティン・トーマス(米国)とディナーをともにしたことを自身のツイッターで明かし、ファンから「2人の偉大なチャンピオンだ」と反響を呼んでいる。

  • 「バッドボーイのために…」 トーマス、全米プロVの夜に受けた“粋な計らい”とは

    2017.08.15

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権でメジャー初制覇したジャスティン・トーマス(米国)。最終日に日本の松山英樹(レクサス)を逆転して優勝を果たした夜、搭乗した飛行機で粋な計らいを受けたことを明かし、ファンから「素晴らしいの一言に尽きる」と話題を呼んでいる。

  • なぜ、松山はメジャー初Vを逃したのか 米メディアが見た「ターニングポイント」とは

    2017.08.14

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)最終日は13日(日本時間14日)、2位タイから出た松山英樹(レクサス)が5バーディー、6ボギーの「72」でスコアを1つ落とし、通算5アンダーの5位タイ。日本人初のメジャータイトルを逃した。サンデーバックナインに単独首位で入りながらV逸した理由について、米メディアはパターにあると分析している。

  • こんな発想できる? 全米プロで“後ろ向きショット”に衝撃「あったのは創造性」

    2017.08.14

    ジャスティン・トーマス(米国)の初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権。日本の松山英樹(レクサス)のメジャー初Vなるかが世界にも注目された最終日だったが、仰天の背面打ちが飛び出し、話題を呼んでいる。グリーンに背を向け、アイアンを前から後ろへ振り抜くという斬新すぎるアプローチを「ただただアメージング。こんな発想できるか?」などと速報し、衝撃が広がった。

  • 松山を逆転V 奇跡の「12秒遅れのカップイン」に全米騒然「待って…もう少し…!」

    2017.08.14

    男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)最終日は13日(日本時間14日)、4位から出たジャスティン・トーマス(米国)が6バーディー、3ボギーの「68」で通算8アンダー。前半を終えて首位に立っていた松山英樹(レクサス)を後半で抜き、逆転でメジャー初Vを飾った。原動力となったのは10番。バーディーパットがカップの縁に止まるも、12秒後にカップイン。奇跡のバーディーを演じ、「これぞ究極の待機だ」「カップ際で粘るボールを忘れない」と動画付きで速報され、全米で話題となっている。

  • 松山、5位終戦に悔し涙 まさかの終盤3連続ボギー、足りなかったものは「考えます」

    2017.08.14

    テレビインタビューに立つと、悔しさがあふれ出た。松山は「悔しい。残念としか言いようがないですね」と問われると、数秒間を置き、心を落ち着けるようにして「そうですね…そうですね」と絞り出すのがやっとだった。

  • 松山、メジャー初Vならず悔し泣き 夢見た前半単独首位も、後半失速で快挙逃す

    2017.08.14

    一瞬、夢を見た。しかし、その夢は現実にならなかった。松山が惜しくも優勝を逃し、日本人初のメジャー制覇という快挙に届かなかった。

  • 松山、海外ファンV投票で圧倒的1番人気! 首位キスナーら抑えて55%獲得

    2017.08.13

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)は13日(日本時間14日)に最終日が行われる。悲願のメジャー初優勝を狙う松山英樹(レクサス)は通算6アンダーで、首位と1打差の2位からスタートする。日本人初の偉業なるか、ファンにとっては大きな注目が高まるが、欧州ツアー公式ツイッターは優勝予想を実施。日本の25歳が圧倒的な支持を受け、1番人気に立っている。

  • 松山、2位なのに一番遅くまで練習 驚きの声「この男だけ、まだ練習している…」

    2017.08.13

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。首位のケビン・キスナー(米国)の1打差の2位タイと好位置をキープした。しかし、松山はラウンド後、最も遅くまで練習を重ねたという。欧州ツアー公式ツイッターが夕日が沈む中、パットを練習している写真を紹介した。

  • 崩れない松山、「林からの大脱出」にファン大歓声「マツヤマが林を通り抜けた」

    2017.08.13

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。2位タイに後退したが、首位のケビン・キスナー(米国)に1打差と好位置キープの要因となったのは、大崩れしなかったこと。9番では第1打で林へ打ち込みながら「スーパーリカバリー」で脱出。「PGA of America」は「マツヤマが林を通り抜けた」と動画付きで称賛し、反響を呼んでいる。

  • 天才スピース「優勝するのはヒデキ」 松山の逆転Vを断言「乗ったら止められない」

    2017.08.13

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。2位タイに後退したが、首位のケビン・キスナー(米国)とは1打差と好位置。最終日に圧巻のチャージを演じてきた25歳に対し、今季全英オープンを制した若き名手、ジョーダン・スピース(米国)が「優勝するのはヒデキ」と悲願のメジャーVに断言した。地元紙「USAトゥデー」が報じている。

  • 松山、「サンデー・ヒデキ」で逆転Vだ! 「73」も絶好1打差2位、第3日全ホール結果

    2017.08.13

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。2位タイに後退したが、首位のケビン・キスナー(米国)とは1打差。最終日にチャージを見せる「サンデー・ヒデキ」で逆転のメジャー初Vを狙う。

  • 松山、「ありがたくない異名」返上へ 米期待「日本の怪物はキャリア最盛期だ」

    2017.08.12

    海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」でスコアを7つ伸ばし、通算8アンダー。ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位に立った。米メディアでは今季ツアー3勝と絶好調の松山が「無冠の帝王」の異名をついに返上するのか、特集している。

  • アン・シネ、お疲れ? 初の2戦連続予選落ち、ハヌル&比嘉が首位タイ…第2日結果一覧

    2017.08.12

    国内女子ゴルフツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメント(長野・軽井沢72ゴルフ)第2日は12日、キム・ハヌル(韓国)が「65」でスコアを7つ伸ばし、通算11アンダー。「69」で3つ伸ばした比嘉真美子(フリー)と首位タイで並んだ。「セクシー・クイーン」アン・シネ(韓国)は「76」で4つスコアを落とし、通算5オーバーの83位タイで初の2戦連続予選落ちとなった。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集