[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4位発進の渋野日向子「記憶がないくらい集中してる」 2824人有観客の後押しに感激

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは30日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で開幕した。渋野日向子(サントリー)は7バーディー、4ボギーの68で回り、3アンダーの4位で好発進した。上田桃子(ZOZO)が5アンダーで単独首位。

3アンダーの4位で好発進した渋野日向子【写真:Getty Images】
3アンダーの4位で好発進した渋野日向子【写真:Getty Images】

日本女子オープン開幕

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは30日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で開幕した。渋野日向子(サントリー)は7バーディー、4ボギーの68で回り、3アンダーの4位で好発進した。上田桃子(ZOZO)が5アンダーで単独首位。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 渋野が好発進を決めた。出だしの1番はボギーをたたいたが、3、5、6、8番でバーディー。後半も10番で1つ落としたものの、12番から3連続バーディーで伸ばし続けた。しかし、17、18番で痛恨の連続ボギー。一時首位に立っていたが、難ホールでスコアを落とした。それでも、感染対策が講じられながら2824人のギャラリーが来場。会見では有観客のツアーに感激した様子を見せた。

「あれだけたくさんの方に見てもらうのは、ほぼ2年ぶり。海外では何試合かお客さんがいたけど、国内では久しぶりなので緊張した。これが試合なんだなと。これが本来あるべき女子プロゴルフの試合なんだと思った。最後まで自分の中ではほぐれることはなかったです(笑)。

 気づいたら7バーディーを獲れている。そんなに獲った記憶がないくらい集中している。それだけ獲れたのは、やっぱりギャラリーの皆さんの後押しがあったから。アドレナリンが出ていたのだと思う。気持ちをコントロールして、目の前の一打と思ってやれていたと思う。心をコントロールするしかなと思っています」

 2016年大会と同じコースの今大会。当時アマチュアだった17歳の渋野は、通算18オーバーの108位で予選落ちした。第2日は1バーディー、10ボギー、3ダブルボギーの大叩き。プロのレベルを痛感したが、5年が経って好スコアをマークし「5年の月日でちょっと大人になれたのかなと思います」と成長を実感した。

 この日は同じ黄金世代の昨年女王・原英莉花(日本通運)、今季8勝で賞金ランクトップの稲見萌寧(都築電気)と同組。「バーディー合戦で比較的ボギーの少ないラウンド。みんなで盛り上げてやった。その中で負けないように、和気あいあいとしていた」と語った。19年11月以来優勝から遠ざかるが、直近2試合は4位、8位と上位でフィニッシュ。「2日目がいつも私的には鬼門なので、耐えるところは耐えて伸ばせるところは伸ばしたい」と好プレーを誓った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集