[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、5年前は18オーバー108位 難コースに苦笑い「おバカさんなりに考えてる」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは30日から4日間、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われる。渋野日向子(サントリー)は29日、練習ラウンドで最終調整。日本一を決める大会に臨む。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

日本女子オープンが30日開幕

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは30日から4日間、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われる。渋野日向子(サントリー)は29日、練習ラウンドで最終調整。日本一を決める大会に臨む。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 5年間の成長を感じる舞台にする。2016年大会と同じコースの今大会。当時アマチュアだった17歳の渋野は、通算18オーバーの108位で予選落ちした。第2日は1バーディー、10ボギー、3ダブルボギーの大叩き。プロのレベルを痛感した。

「この2日間のラウンドは悪いイメージしか出てこない。日本女子オープンの名にマッチしているコース。今日もいいイメージはないです。あの頃はアマチュアでしたし、5年の間に何かしら経験をしてきて、今もなんだかんだ取り組んでいる。その時よりマシなゴルフはできるかなと思います。5年前は17歳。飛距離はそんなに変わらないと思うけど、もうちょっと大人なゴルフができるのかなと思います。おバカさんなりには考えてやっているとは思います」

 予選ラウンドは同じ黄金世代の昨年女王・原英莉花(日本通運)、今季8勝で賞金ランクトップの稲見萌寧(都築電気)と同組。「凄く注目組の中に入れさせられた。原ちゃんも飛ばすし、萌寧も全てが上手い。原ちゃんは誰よりも気合が入っていると思う。萌寧もいろんな重圧がある中で頑張っている。2人とも私より凄い人です」と苦笑いした。

 今大会は練習ラウンドから有観客だが「今日でさえ緊張していたので、明日も緊張すると思う」と予感。全英女子オープンを制した後の19年大会は7位だった。大会の意義は十分理解している。

「日本の女子のメジャーは4試合ある中で一番難易度の高い試合だと感じている。ここで勝つことは名誉なこと。どの試合も名誉だけど、その中で女子ゴルフ界でプロアマ問わず1位を決める大会。いつもよりは練習ラウンドから緊張感がある。長いゴルフ人生の中で一度は勝ちたいと思う試合です」

 19年11月以来優勝から遠ざかるが、直近2試合は4位、8位と上位でフィニッシュ。「やるべきことに集中して一打、一打悔いの残らないようにやっていきたい」と活躍を誓った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集