[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 羽生結弦らと“変わらない友情” 盟友の美しき「Never change」写真に反響

    2018.01.23

    フィギュアスケートのミーシャ・ジー(ウズベキスタン)がインスタグラムを更新。「いくつかの事象があっても、決して変わることはない」とメッセージをつづり、羽生結弦(ANA)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)らと写ったワンシーンの画像を公開し、ファンに「友情以上に価値のあるものはない」などと反響を呼んでいる。

  • コストナー、“11個目のメダル”に歓喜ツイート ファン激励続々「五輪でも旋風を」

    2018.01.22

    女子フィギュアスケートのカロリーナ・コストナー(イタリア)は、欧州選手権でアリーナ・ザギトワ(ロシア)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に次いで銅メダルを獲得。22日に自身のツイッターで「自分でも信じられません。11個目のヨーロッパのメダルを手に入れられるなんて!」と振り返ると、ファンから「五輪でも旋風を巻き起こせ!」「もはやレジェンドという肩書きにふさわしい」と温かい言葉が寄せられている。

  • フェルナンデス、王者・羽生結弦と盟友対決に母国期待「魔法のシナリオが実現する」

    2018.01.22

    フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)の男子6連覇で幕を閉じた。82年ぶりの快挙を果たしたスペインの貴公子に対し、地元メディアは「新世代最強のハニュウを打ち破ることができる」と平昌五輪での金メダル獲得に期待を寄せている。

  • ザギトワ、“中3世代の天才”に海外実況も賛辞「15歳ですよ、想像できます?」

    2018.01.21

    フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は20日(日本時間21日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位となる合計238.24点で初優勝を飾った。世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に2年ぶりに土をつける圧巻の演技を披露した天才少女に対し、大会を中継した海外メディアは「15歳ですよ、想像できます?」「オリンピック前の脚本を書き換えました」と実況、解説陣が賛辞を送っている。

  • メドベージェワ、2年ぶりの敗戦も前向き「銀は銀。メダルの色は変えられない」

    2018.01.21

    フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は20日(日本時間21日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位となる合計238.24点で初優勝を飾った。右足の故障から復帰戦となったエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は合計232.86点で2位。個人戦で実に2年ぶりに敗れたが、復活をアピールした世界女王は「銀は銀。何もメダルの色は変えられないわ」と前向きにとらえているという。

  • 15歳ザギトワ、総立ちの「238.24点の衝撃」に海外絶賛「輝かしいパフォーマンス」

    2018.01.21

    フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は20日(日本時間21日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位となる合計238.24点で初優勝を飾った。世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に2年ぶりに土をつけ、シニアデビュー以来、負けなしの天才少女に対し、海外メディアは「輝かしいパフォーマンス」「品位と平静に満ち溢れたジャンプ」と絶賛している。

  • 15歳ザギトワ、衝撃の238点&無敗で初V! メドベージェワは2年ぶり敗戦…欧州選手権

    2018.01.21

    フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は20日(日本時間21日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位となる合計238.24点で初優勝を飾った。右足の故障から2か月ぶりの復帰戦となった世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は合計232.86点で2位。個人戦で敗れるのは、2年ぶりとなった。

  • フェルナンデスは「信じがたい怪物」 82年ぶりV6に母国紙称賛「氷の都市を征服」

    2018.01.20

    フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は19日(日本時間20日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が合計295.55点をマークして優勝。82年ぶりとなる6連覇を達成した。2位のドミトリ・アリエフ(ロシア)に20点以上を付けた歴史的Vに対し、母国スペインメディアは「スーペル・ハビ」「信じがたいスペインの怪物が到来」と称えている。

  • 羽生結弦ら指導 なぜ、ブライアン・オーサーは“多国籍”の教え子を育てられるのか

    2018.01.20

    フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)は右足首の故障から復活を期し、選出された2月の平昌五輪で66年ぶりの大会連覇を目指している。そんな23歳を支えているのは、2012年から指導しているコーチのブライアン・オーサー氏だ。世界のあらゆる国の選手を手がけ、数々のスケーターを輩出してきた名伯楽は、なぜ“多国籍”の教え子を育てられるのか――。「尊敬」と「名誉」という指導者としての流儀を明らかにしている。

  • ザギトワ&メドベは「飛び抜けて最強」 30歳コストナーが“美しき2強”に脱帽

    2018.01.19

    フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)でショートプログラム3位に入った、ソチ五輪銅メダリスト、カロリーナ・コストナー(イタリア)が、1位ザギトワ、2位メドベージェワの、ロシアの“美しき2強”を絶賛した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が伝えた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集