[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原知子、ノーミス74.16点のSP首位発進に米記者称賛「まさに王冠載せるポーズを…」

フィギュアスケートのUSインターナショナルは20日(日本時間21日)、女子ショートプログラムで宮原知子(関大)が74.16点で首位発進を決めた。米名物記者はフィニッシュで王冠を載せる印象的なポーズの動画とともに「まさに王冠を載せるポーズを決めた」と称賛している。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

黒パンツスタイルの新衣装お披露目、ミスのない演技で2位に8点差をつける

 フィギュアスケートのUSインターナショナルは20日(日本時間21日)、女子ショートプログラムで宮原知子(関大)が74.16点で首位発進を決めた。米名物記者はフィニッシュで王冠を載せる印象的なポーズの動画とともに「まさに王冠を載せるポーズを決めた」と称賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 日本の「ミス・パーフェクト」が、らしい演技で今季初戦を滑り出した。冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプを着氷。以降も2回転アクセル、3回転ループも綺麗に降り、ミスのない演技を見せた。エジプト調の曲に合わせ、黒のパンツスタイルで演じた舞い。最後は王冠を自らの頭に載せる印象的なポーズとともに締めくくった。

 米名物記者ジャッキー・ウォン氏はフィニッシュシーンの動画とともにツイートを展開し、「10秒でこのプログラムの意図を確信した」と称賛。「現時点で曲の解釈におけるウィークポイントはステップシークエンスだが、ダンスを合わせていくことで間違いなくもっと良くなるはずだ」と伸びしろも認めた。「SP74.16点で1位―まさに王冠を載せるポーズを決めた」と記した。

 66.09点の2位アンバー・グレン(米国)に8点差をつける高得点で首位発進を決めた21歳。フリーで今季初Vをつかみ取る。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集