[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原知子、貫禄の今季初戦Vを米名物記者称賛「4回転を跳ばないかもしれないが…」

フィギュアスケートのUSインターナショナルは21日(日本時間22日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)は130.14点、合計204.30点で今季初戦を優勝で飾った。SPは黒のパンツスタイルの新衣装で話題を呼んだが、この日はグレーの落ち着いたトーンのスカート衣装で観衆を魅了。米名物記者は「it's just soooooo good」と称賛している。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

前日SPはパンツスタイル新衣装で話題、貫禄の演技で200点超V

 フィギュアスケートのUSインターナショナルは21日(日本時間22日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)は130.14点、合計204.30点で今季初戦を優勝で飾った。SPは黒のパンツスタイルの新衣装で話題を呼んだが、この日はグレーの落ち着いたトーンのスカート衣装で観衆を魅了。米名物記者は「it’s just soooooo good」と称賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 冒頭の2回転アクセルを綺麗に決めた宮原。しかし、続く連続ジャンプで最初の3回転ルッツでバランスを崩した。以降もジャンプで回転不足を取られ、パーフェクトとはいかなかったが、質の高いスケーティング技術と表現力を見せつけ、130.14点をマーク。合計204.30点で今季初優勝を飾った。

 米国のジャッキー・ウォン記者は自身のツイッターで「it’s just soooooo good」と高評価。別のツイートでは「サトコ・ミヤハラは決して4回転を跳ばないかもしれない。だが、他の方法で新たな局面を開く数多くの可能性を持っている」と4回転に頼らずとも戦うことができる技術を称賛していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集