[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、阿部一二三は強いのか 筋トレより睡眠した方が強くなる「肉体的才能」

日々の練習を100%の状態で臨み、100%の力を出し切ること

 柔道は技がかかるか、かからないかで勝負が決まります。そして、世界大会のような一流の選手同士が戦う試合ともなると、お互いが100点の技、あるいは101点ぐらいの技を出せないとかかりません。それほどわずかな力の差でせめぎ合うトップレベルでは、いくら阿部選手でも、日々、質の高い稽古を続けなければ、勝ち続けることができないレベルです。

【注目】1秒を削り出す駅伝競技 過酷なチーム競技で支持されるボディメンテ ゼリーとは

 昨今では、フィジカルトレーニングや食事の大切さも認知されてきました。しかし、競技力を伸ばすためには、スキル練習が最も重要です。筋肉がつきにくい中学生ぐらいまでは間違いなく、筋トレよりも自分に必要だと思う技術練習を、どんどん積み重ねてほしいと思います。しかし、技術の成長は中学生で止まる訳では有りません。技術を伸ばす努力は、どの年代であっても大きなエフォートを支払うべきです。

 練習の質が下がれば、本当にすごい選手にはなれません。日々の練習を100%の状態で臨み、100%の力を出し切る。当たり前のことかもしれませんが、強くなるためにはこれがもっとも大切なのです。

<バズーカ岡田氏が指南、最短で体を変える自宅トレ!>

 骨格筋評論家・バズーカ岡田氏が指南する体作りのアンサー「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」が好評を博している。

 筋トレは、同じように動作しているつもりでも成果は0にも100にもなる。少しの知識と技術が足りないだけで、時間も労力も無駄になってしまう。本書は、解剖学、筋生理学、理学療法などを学び、実践の場ではトップアスリートから高齢者までを指導した著者が、筋トレをする人が知っておかないと損をする情報をまとめた一冊。わかりにくい動作を動画で確認するためのQRコード付き。

第1章 最速で体を変えるには技術が必要だった

第2章 最速で筋肉を「盛る」技術

第3章 知っておきたい筋肉の基本

第4章 最速で体脂肪を「削る」技術

「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」/サンマーク出版

1300円+税 ISBN-10: 4-7631-3622-4 ISBN-13: 978-4-7631-3622-0

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集