[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカーの練習に走りの“量”は必要なし オランダの無名指導者が変えた旧来の常識

レイモンド・フェルハイエンは、オランダのU-17代表に選ばれたが、その直後には故障で選手生活を断たれてしまった。なぜ、こんなことになったのか、彼は自分が取り組んできたトレーニングに疑問を抱き、サッカーの「ピリオダイゼーション理論」を確立し、26歳でオランダサッカー協会(KNVB)の指導者への講師に抜擢されている。

フェルハイエンはサッカーの練習に走りの“量”は必要ないと、唱えている【写真:photolibrary】
フェルハイエンはサッカーの練習に走りの“量”は必要ないと、唱えている【写真:photolibrary】

26歳でオランダのスーパースター4人を賛同させた「ピリオダイゼーション理論」

「ただたくさん走らせるトレーニングは、速筋を遅筋に変えてしまい、爆発的な動きができない選手を作る」――レイモンド・フェルハイエン

 レイモンド・フェルハイエンは、オランダのU-17代表に選ばれたが、その直後には故障で選手生活を断たれてしまった。なぜ、こんなことになったのか、彼は自分が取り組んできたトレーニングに疑問を抱き、サッカーの「ピリオダイゼーション理論」を確立し、26歳でオランダサッカー協会(KNVB)の指導者への講師に抜擢されている。

 この時のエピソードが秀逸だ。

「私が書籍にした理論にオランダ協会が着目し、4人の前で講義をすることになった」

 受講者は、ヨハン・ニースケンス(アヤックスで欧州クラブ3連覇、ワールドカップ2大会連続準優勝の主力)、ルート・フリット、ロナルド・クーマン、フランク・ライカールト(いずれも1988年欧州選手権優勝の中核、クラブレベルでも欧州制覇)で、それはそのままオランダサッカーの歴史を象徴するようなスーパースターたちだった。フェルハイエンの理論は4人の賛同を得て、オランダ協会をはじめ、欧州の各有名クラブへと浸透していくのだ。

「せっかくトレーニングをしても、それが試合に活かされている感覚がなかった。例えば、サッカーでは短いスプリントを何度も繰り返す。ところがトレーニングでは、たくさん走らなければならないと言われ、ゆっくり走っていることが多かった。逆に4対4や3対3などをこなした後は、コンディションが上がっていると実感できた」

 フェルハイエンは続けた。

「1日に二度のトレーニングをした後などは、疲労も抜け切らず、100%試合にも集中できない。キックオフの段階で、すでに疲労を感じて、シーズンが深まれば、その疲労が確実に蓄積していった」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集