[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀の記事一覧

  • 完敗の桐生祥秀は淡々「僕の力不足」 サニブラウンとの差は「後半の伸びを…」

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾り、世界選手権の代表に内定した。一方で、前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位。サニブラウンには0秒14差の完敗だった。

  • 【日本選手権100m全結果】サニブラウンが大会新 桐生が2位、ケンブリッジが最下位

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表に内定した。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

  • サニブラウン、大会新10秒02でVも… レース後は苦笑い「なんとも言えないタイム」

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。

  • サニブラウン、大会新10秒02で優勝 桐生祥秀との史上初“9秒台対決”で世陸代表入り

    2019.06.28

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。

  • リレー日本、執念のバトン渡しに海外反響 英BBC驚き「見よ、驚異的バトンキャッチ」

    2019.05.12

    陸上の世界リレー(日産スタジアム)は11日、男子400メートルリレー予選で日本(多田修平、山縣亮太、小池祐貴、桐生祥秀)は38秒59の3位でゴールしたが、バトンパス違反により失格。予選敗退となった。3走の小池から4走の桐生の間で起きた、まさかのバトンミス。海外メディアも脚光を寄せ、強豪・英国の公共放送「BBC」は動画付きで伝えた上で「日本が驚異的なバトンタッチ」とバトンを落とさず、ゴールまで運んだことに驚きをもって伝えている。

  • リオ五輪銀メダルでもミスはあった リレー日本に問われるアンダーハンドパスの対応力

    2019.05.12

    陸上の世界リレー(日産スタジアム)は11日、男子400メートルリレー予選で日本(多田修平、山縣亮太、小池祐貴、桐生祥秀)は38秒59の3位でゴールしたが、バトンパス違反による失格。予選敗退となった。3走の小池から4走の桐生の間で起きた、まさかのバトンミス。東京五輪で金メダルを狙う日本にとってどんな課題が残ったのか。アテネ五輪1600メートルリレー4位でスプリント指導のプロ組織「0.01」を主催する伊藤友広氏に聞いた。

  • リレー日本、優勝後の“金メダル4ショット”に反響「最強」「2年後もこのメンバーで」

    2018.09.01

    アジア大会の陸上男子400メートルリレーで20年ぶりの金メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥(ナイキ)がインスタグラムを更新。リレー侍の4ショット公開に、ファンからは「最強のメンバー」と感動と興奮の声が寄せられた。

  • 桐生祥秀、200m4位でアジア大会代表入りは絶望的に 「200を走ったのは1か月ぶり」

    2018.06.24

    陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は24日、男子200メートル決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)は20秒69で4位に終わった。前日(23日)に行われた100メートル決勝は10秒16の3位で8月のアジア大会(ジャカルタ)の代表落選が濃厚となっていたが、200メートルでも2位以内に入れず個人種目での代表入りは厳しくなった。飯塚翔太(ミズノ)が20秒34で2年ぶりに優勝。この種目の第一人者の意地を見せた。

  • 桐生祥秀、200mは20秒69で4位、2年ぶりに飯塚翔太が優勝 …陸上日本選手権

    2018.06.24

    陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は24日、男子200メートル決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)は20秒69で4位となった。

  • なぜ山縣亮太はケンブリッジと桐生祥秀に勝てたのか 「+6センチ」の数字が示す強さ

    2018.06.24

    陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は23日、男子100メートル決勝が行われ、山縣亮太(セイコー)が大会タイ記録の10秒05で5年ぶりの優勝を飾った。2着は10秒14でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀(日本生命)は10秒16で3着に終わった。実力者揃いの最速決戦で明暗を分けたものは何だったのか。専門家に予選、準決勝、決勝の3レースのデータをもとに分析してもらった。

  • “4強”が100m決勝へ 桐生10秒16「自分に集中」、山縣10秒19「いいレースを」

    2018.06.22

    陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は22日、男子100メートル準決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)が10秒16、山縣亮太が10秒19、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒24、多田修平(関学大)が10秒31で“4強”が揃って23日の決勝に進出した。

  • 桐生祥秀、“ツンデレ先輩”との2ショット公開 えひめ国体総括「楽しかった」

    2017.10.11

    陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大4年)がインスタグラムを更新。えひめ国体(ニンジニアスタジアム)に400メートルリレーの滋賀代表メンバーとして参加していた“日本最速の男”は、共闘した同郷の先輩との2ショット写真を公開し、「楽しかった」と大会を振り返った。

  • “9.98秒男”桐生祥秀、「速すぎる」練習動画が話題 「国体リレーにむけて」気合十分

    2017.10.05

    陸上の男子100メートルで、日本選手初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大4年)が4日、インスタグラムで練習動画を公開。「国体リレーにむけて」とつづり、8日に行われるえひめ国体(ニンジニアスタジアム)の400メートルリレーに向けて静かに闘志を燃やしている。

  • 「9.98」を予言? 桐生祥秀、4年前に着けたゼッケン「998」が話題「運命的」

    2017.09.10

    陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。大学最後のインカレで悲願を成就させたが、4年前の高校最後のインターハイで着用したゼッケンは「998」だった。

  • 桐生祥秀、感謝の76文字に「感動」の声「たくさん書きたいことはありますが」

    2017.09.10

    陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。日本人初の9秒台スプリンターとなった21歳はレース後、ツイッターで「たくさん書きたいことはありますが」と万感の思いを76文字に込め、ファンから「感動しました」と労いの言葉が贈られている。

  • 「KIRYU」の名が世界に轟く! 日本人初の「9.98の衝撃」を海外メディアも特集

    2017.09.10

    陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が9秒98で優勝。日本人初の9秒台という歴史的快挙は海外メディアも続々と速報している。

  • 桐生祥秀はなぜ「くすぶり」を打破できた? 専門家が見た9秒台の「2つの理由」

    2017.09.09

    陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。高3で自己ベストとなる日本歴代2位の10秒01を記録して以来、くすぶっていた21歳は、なぜ大学4年にして自己記録を更新し、10秒台の壁を打ち破れたのか。専門家は「2つの理由がある」と分析した。

  • 為末、室伏らが称賛 桐生、衝撃の「9.98」に大反響「ついに出た」「Jet Kiryu」

    2017.09.09

    陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大)が9日、日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)の男子100メートル決勝で9秒98をマーク。日本人初の9秒台で優勝を飾った21歳に対し、陸上界のOBや一流アスリートも「ついに出た」「日本記録おめでとう」「Jet Kiryu」などと祝福のメッセージを送っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集