[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

100m豪華メンバーが激突 “国立初戦”へ、桐生祥秀「元気が出るような走りをしたい」

陸上のセイコーゴールデングランプリが23日、東京五輪でも会場となる東京・国立競技場にて無観客で開催される。新型コロナウイルスの感染拡大後、トラック・フィールド種目では初の全国規模の大会。22日には注目選手がオンラインで会見した。

桐生祥秀【写真:Getty Images】
桐生祥秀【写真:Getty Images】

23日セイコーゴールデングランプリへ前日会見

 陸上のセイコーゴールデングランプリが23日、東京五輪でも会場となる東京・国立競技場にて無観客で開催される。新型コロナウイルスの感染拡大後、トラック・フィールド種目では初の全国規模の大会。22日には注目選手がオンラインで会見した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 男子100メートルでは、東京五輪の出場権を争う豪華メンバーが揃った。ともに日本歴代2位の9秒98の自己記録を持つ桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴(住友電工)のほか、3大会連続の五輪代表を目指す山縣亮太(セイコー)、実力者のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(住友電工)らがエントリー。昨年11月に完成した会場は、来年の東京五輪会場となる聖地だ。

 国立で公式レースに挑むのは初めてのメンバー。この日は桐生、山縣、多田、ケンブリッジがオンラインで会見。桐生は「今シーズンあと何本走れるかわからないので、しっかり一本、一本走りたいし、こういう時だからこそ元気が出るような走りをしたい。去年から課題にしていたトップスピードを目標にしてきたので、それを意識しながら走りたい」とコメントした。

 今季初戦となった1日の北麓スプリント(山梨)で10秒04をマーク。サニブラウン・ハキームの持つ日本記録9秒97の更新を見据えている。国立を走ることに対し「旧国立は思い出がないので、この国立で思い出に残るような試合にしたい。このメンバーで優勝するのはタイムが必要になるけど、タイムを気にせず優勝を目指したい」と語った。

 昨季、肺気胸や右足首靱帯損傷などに苦しんだ山縣は、約1年ぶりの復帰戦となる。「次につながるレースができれば。サブグラウンドからの流れとかを主に確認して、五輪のイメージトレーニングにしたい。去年のセイコーゴールデングランプリが10秒11だったのでそれを上回るタイムを出したい」と意気込んだ。

 多田は「シーズン序盤はあまりいい結果ではなかった。明日はもちろん優勝を目指したい。前回のレースは全体を通して力が入っていた。集中してリラックスして走りたい。レースで走るのは初めて。どんな反発があるか、アップから確認しつつ走れれば」とコメント。ケンブリッジは「改めて競技場の雰囲気を感じて、来年に向けていいイメージで終われたら。自己ベストの10秒0台で走れたら」と話した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集