[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀の記事一覧

  • 桐生祥秀、vsガトリンも自然体「誰と勝負するとは考えずに」 9日五輪テストイベント

    2021.05.08

    東京五輪まで3か月を切る中で、陸上の東京五輪のテストイベント「READY STEADY TOKYO」が9日に東京・国立競技場で行われる。8日は男子100メートルに出場する桐生祥秀(日本生命)、女子1500メートルに出場する田中希実(豊田自動織機TC)、女子5000メートルに出場する新谷仁美(積水化学)、女子100メートル障害に出場する寺田明日香(ジャパンクリエイト)の4選手がオンライン会見を行った。

  • 山縣亮太に及ばず3位 10秒30の桐生祥秀は淡々「誰がどうとか関係ない。自分に集中した」

    2021.04.29

    東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける大会。雨中で気温15度前後の肌寒い気候となった中、日本代表有力選手たちが激突した。

  • 桐生祥秀、東京五輪100m切符争いに「安心できない」 参加標準突破済みでも「勝つ」

    2021.04.28

    東京五輪まで3か月を切った中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われる。28日は一部選手が会見。男子100メートルに出場する桐生祥秀(日本生命)が意気込みを語った。

  • 桐生祥秀、豪華特大ケーキに笑顔 25歳誕生日に反響「美味そー」「確かにデカイ!!」

    2020.12.18

    陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が自身のSNSを更新。15日に25歳の誕生日を迎えたことを報告した。豪華なケーキを前に、嬉しそうな笑顔を浮かべる写真も公開。優勝トロフィーなど持った自身の写真がデザインされたチョコが飾られた逸品に、ファンからは「何人で分けたんですか?」「めっちゃ美味しそう」などと反響が寄せられている。

  • 桐生祥秀、2000万超愛車&日本一トロフィーが反響拡大「こりゃすごい」「かっこよ」

    2020.10.07

    2日に行われた陸上の日本選手権・男子100メートルで優勝した桐生祥秀(日本生命)が5日、自身のSNSを更新。ファンに感謝のコメントをつづるとともに、推定2000万円超の愛車とトロフィーの写真を公開した。ファンからは「夢がありますね」などとコメントが寄せられていたが、「こりゃすごい車だ」「車もトロフィーも素敵」などと反響はさらに拡大している。

  • 桐生祥秀、2000万超愛車を公開 日本一トロフィーとの3ショットに反響「夢がある」

    2020.10.05

    2日に行われた陸上の日本選手権・男子100メートルで優勝した桐生祥秀(日本生命)が5日、自身のSNSを更新。ファンに感謝のコメントをつづるとともに、推定2000万円超の愛車とトロフィーの写真を公開した。ファンからは「夢がありますね」「やっぱり車も速いのがお似合いですね」などとコメントが寄せられている。

  • 桐生祥秀、10秒27で6年ぶりV 「優勝できて良かった。タイムはあまり速くなかったですが…」

    2020.10.02

    東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートル決勝では桐生祥秀(日本生命)が10秒27(向かい風0.2メートル)で6年ぶり2度目の優勝に輝いた。歴代優勝者の日本記録保持者サニブラウン・ハキームや山縣亮太が不在の中、日本歴代2位タイ9秒98の記録を持つ24歳が混戦を制して「日本最速」の称号を奪回した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒28で2位。小池祐貴(住友電工)が10秒30で3位。

  • 桐生祥秀、10秒27で6年ぶり2度目V ケンブリッジに0秒01差激走で「日本最速」奪回

    2020.10.02

    東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートル決勝では桐生祥秀(日本生命)が10秒27(向かい風0.2メートル)で6年ぶり2度目の優勝に輝いた。歴代優勝者の日本記録保持者サニブラウン・ハキームや山縣亮太が不在の中、日本歴代2位タイ9秒98の記録を持つ24歳が混戦を制して「日本最速」の称号を奪回した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒28で2位。小池祐貴(住友電工)が10秒30で3位。

  • 桐生祥秀は全体3位で決勝 6年ぶりVへ自信「スタートからしっかり行けば優勝できる」

    2020.10.01

    東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権初日が1日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートルでは多田修平が全体トップの10秒23、ケンブリッジ飛鳥も同タイムの10秒23、桐生祥秀は10秒27で2日の決勝に進出した。レース後、桐生は「スタートからの流れがしっかり行けば優勝できる」とV宣言だ。

  • 日本選手権、豪華メンバー集結の男子100m 桐生祥秀は堂々「優勝を狙っていきたい」

    2020.09.30

    陸上の日本選手権が10月1日、新潟・デンカビッグスワンで開幕する。30日は前日会見が行われ、男子100メートルで日本歴代2位、9秒98の自己記録を持つ桐生祥秀(日本生命)や今季好調のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らが意気込みを語った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集