[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、10秒27で完敗6着 「今の自分の走りでやれることはやった」とサバサバ

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08(追い風1.1メートル)で3年ぶり3度目の優勝。準決勝で参加標準記録10秒05を突破しており、決勝は3位以内に入れば世界陸上代表に内定する条件だった。桐生祥秀(日本生命)は10秒27で6位だった。

男子100メートル決勝で6位に敗れた桐生祥秀【写真:奥井隆史】
男子100メートル決勝で6位に敗れた桐生祥秀【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が10日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08(追い風1.1メートル)で3年ぶり3度目の優勝。準決勝で参加標準記録10秒05を突破しており、決勝は3位以内に入れば世界陸上代表に内定する条件だった。桐生祥秀(日本生命)は10秒27で6位だった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 桐生は完敗に終わった。10秒27で6着。サニブラウンらに後れを取った。「今の自分の走りでやれることはやった。タイムはついてこなかったけど、レース中も落ち着いて走ることはできた」とサバサバと振り返った。準決勝は10秒24の組4着でヒヤヒヤの決勝進出。「何かを変えないと」と明かしていたが、本人は「スタートブロックの位置、高さ、スタートの角度も全部変えたり、中盤の加速部分も置いたりしたけど、タイムとしてはあまり変わらなかったかな」と語った。

 大目標にしていた東京五輪以降の歩みを振り返り、「東京が終わって、何がやりたいのかあまりないままシーズンインした」と吐露。「気持ち的にはオレゴン(世界陸上)に向かいたいと言いつつも、世界陸上あって五輪という段階があって……このままじゃいけないと思いつつも、あまりプラス思考になっていなかった」と明かした。桐生は「ちょっと疲れました」とも言い、正直な想いを語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集