[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「恐ろしい、欠点ない」 対抗王者バトラーがまた絶賛「ここ30年で最高」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は年内の4団体統一を目指している。残る唯一のベルトを持つWBO同級王者のポール・バトラー(英国)は、母国の専門メディアに対し「年内にやりたいのであれば自分も大賛成だ」と改めて前向きな姿勢を示している。

世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

バトラーも年内の4団体統一戦実現に「大賛成だよ」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は年内の4団体統一を目指している。残る唯一のベルトを持つWBO同級王者のポール・バトラー(英国)は、母国の専門メディアに対し「年内にやりたいのであれば自分も大賛成だ」と改めて前向きな姿勢を示している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 バトラーは、英ボクシング専門メディア「iFL TV」のYouTubeチャンネルに出演。井上―ドネア戦の感想を聞かれ「次戦の相手候補としてでなく、いち(ボクシング)ファンとして試合を見たら、彼をリスペクトしないといけないね。彼のやっていることを称賛しなきゃ」と絶賛。「彼は恐ろしいよ。ボディーを捉えるまで7回まではかかると思っていたけど……ただただwowだよ」と脱帽していた。

 井上はドネア戦後、年内に4団体統一戦を行いたい意向を示していたが、これにバトラーも同意。「彼(井上)が年内の4団体統一戦を望み、出来なければ階級を上げると言ったことは知っている。年内にやりたいのであれば自分も大賛成だ。実現するといいね」と前向きだった。さらに「彼は欠点のないボクサーだ。ここ20、30年で最高だよ」と評価し、対戦を熱望する理由をこのように語った。

「でもね、時には最高の選手を相手に自分を試さなきゃいけない。いつか、キャリアを振り返った時に2度の世界王座獲得と井上と戦ったと言える。最高の選手に挑戦するんだ。勝っても負けても(時が来れば)ボクシングから引退できるよ」

 33歳のバトラーは4月にジョナス・スルタン(フィリピン)との暫定王座決定戦に判定勝ち。5月に前WBO王者カシメロが規定違反を原因に王座を剥奪されたことにより、正規王者に昇格した。目標はあくまで「4団体統一」だとし、「4団体統一戦を出来るのは一握りのボクサーしかいない。自分がこの試合に望まなければ馬鹿だと思う」とチャンスを掴もうと意気込んでいた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集