[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくらがグローブをしたままパッティングをする理由「何度も脱ごうと試したけど…」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第2日が10日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催された。3アンダーの10位から出た小祝さくら(ニトリ)は4バーディー、1ボギーの69で回って通算6アンダー。4位タイにつけた。初日から採用しているクロスハンド(逆手)でのパッティングが好調だ。このグリップは昨年8月のNEC軽井沢72初日以来だが、グリーン上でもグローブを外さないスタイルは不変。その理由を聞くと、小祝らしい答えが返ってきた。

11番でティーショットを打つ小祝さくら【写真:Getty Images】
11番でティーショットを打つ小祝さくら【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス第2日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第2日が10日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催された。3アンダーの10位から出た小祝さくら(ニトリ)は4バーディー、1ボギーの69で回って通算6アンダー。4位タイにつけた。初日から採用しているクロスハンド(逆手)でのパッティングが好調だ。このグリップは昨年8月のNEC軽井沢72初日以来だが、グリーン上でもグローブを外さないスタイルは不変。その理由を聞くと、小祝らしい答えが返ってきた。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 小祝はこの日、順手とクロスハンドをミックスしてスコアを伸ばした。

「5メートル以内はクロスにして、それ以上は順手にしました。やっぱり、順手の方が距離感を出しやすいので」

 クロスハンドも、昨年8月のNEC軽井沢72初日に「5ホールだけやってみて」以来。約10か月ぶりにぶっつけ本番でのトライだったが、持ち前のセンスで4バーディーにつなげた。

 もっとも、グローブを左にしたままのパッティングは不変。プロアマ問わず、多くの選手が素手でパッティングしているが、その理由を聞くと、小祝がいつものおっとりした口調で返した。

「あっ、それは昔からです。一時、みんな脱いで(外して)いるし、私もアマチュアの時に脱ごうと何度も試したんです。だけど、結局は脱ぐのを忘れちゃって、気付いたら18番という感じだったので……。それで(外すのを)止めました」

 新たなエピソード披露。小祝ワールドに限界はない。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集