[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本選手権、豪華メンバー集結の男子100m 桐生祥秀は堂々「優勝を狙っていきたい」

陸上の日本選手権が10月1日、新潟・デンカビッグスワンで開幕する。30日は前日会見が行われ、男子100メートルで日本歴代2位、9秒98の自己記録を持つ桐生祥秀(日本生命)や今季好調のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らが意気込みを語った。

桐生祥秀【写真:荒川祐史】
桐生祥秀【写真:荒川祐史】

1日開幕、日本選手権の前日会見

 陸上の日本選手権が10月1日、新潟・デンカビッグスワンで開幕する。30日は前日会見が行われ、男子100メートルで日本歴代2位、9秒98の自己記録を持つ桐生祥秀(日本生命)や今季好調のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らが意気込みを語った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 オンラインでの会見に臨んだ桐生は「この1か月間練習してきて、それを明日しっかり出したい。しっかり優勝狙っていきたい」とV宣言。今季はセイコーゴールデングランプリを制するなど好調だが、今大会へ向けて変更も加えてきた。

 スターティングブロックの高さや幅も変えたといい、「スタートから20メートルがそれほど速くない。そこがもったいない。中盤から後半はいい感じで乗れているので、そこを上げていくために練習しています」と狙いを明かした。

 また8月のアスリートナイトゲームズイン福井で自己ベストの10秒03をマークしたケンブリッジは「いい準備ができているのかな。来年に向けていい結果を」と意気込む。

 復調の手応えは実感しているようで、「自分の走りのイメージに近付いている。前半しっかりついていって、終盤後半で抜け出すようなレースができれば」とレースのイメージも描いている。

 今大会はほかに小池祐貴や多田修平、飯塚翔太らも出場。日本記録を持つ前回短距離2冠のサニブラウン・ハキームこそ出場しないが、豪華メンバーが集結。最速スプリンターの座を争う。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集