[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷田成吾の野球note「コロナと闘った2020シーズン 正念場にいる独立リーグの今」

昨年12月、野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで、26歳(当時)という日本最年少の球団代表に就任した谷田成吾氏。「由伸2世」の異名を取り、アマチュア球界で名を馳せた元スラッガーが、26歳の若さで球団経営に飛び込んだ想い、独立が置かれているリアルな現状、人口減少している野球界に対する未来など、本人が自らの言葉でつづる。

レッド吉田さん(左)とともにスペシャルシリーズに登場した高橋さん【写真:球団提供】
レッド吉田さん(左)とともにスペシャルシリーズに登場した高橋さん【写真:球団提供】

「徳島インディゴソックス球団代表・谷田成吾の野球note」第3回

 昨年12月、野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで、26歳(当時)という日本最年少の球団代表に就任した谷田成吾氏。「由伸2世」の異名を取り、アマチュア球界で名を馳せた元スラッガーが、26歳の若さで球団経営に飛び込んだ想い、独立が置かれているリアルな現状、人口減少している野球界に対する未来など、本人が自らの言葉でつづる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 第3回は「コロナ禍と闘う独立リーグの今」。就任1年目で迎えた今シーズンは新型コロナウイルス感染拡大により、リーグ全体が大きな影響を受けている。そんな苦境でどんな想いを抱えながら、未曾有の感染症と闘ってきたのか。現状をレポートする。

 ◇ ◇ ◇

 開催すら危ぶまれた四国アイランドリーグplus2020シーズンでしたが、6月20日に開幕し、リーグ、各球団、球場の連携の下、徹底した感染症対策や多くのファンの皆さんのご協力のおかげで、最終戦まであと1か月を切りました。

 開幕の遅れや中断期間もあり、ハードな試合スケジュールの3か月でしたが、徳島インディゴソックスは大きな怪我での離脱もなく、選手にとっての運命のNPBドラフト会議を10月26日に迎えようとしています。

 観客動員数減少による全国・世界のスポーツチームの経営悪化が表面化していますが、徳島インディゴソックスも観客動員数は例年の半分ほどとなり、影響を受けています。多くの企業と同じように国や行政の補助を申請し、なんとかこの状況を乗り切るべく、シーズン中も走り回りました。

 なかでも、球団代表として印象深かったのは、シーズン開幕が遅れていることや現状をスポンサー企業の皆様にご説明させていただいた際、多くの方から「一緒に頑張りましょう!」と温かい言葉をかけていただいたことです。苦しい状況下でもお心遣いをいただき、本当にありがたかったと同時に、この窮地を頑張って乗り越えようと思えました。

 新型コロナウイルスと一進一退の攻防を繰り広げながらも、世間の状況は少しずつ好転していると感じていますが、スポーツチームへの影響はこれからさらに本格化します。

 コロナ禍で初めて行われるオフシーズンのスポンサーの契約更新が例年通り行くのか。世界中の企業の状況が大きく変わっている中で、何も影響がないわけがありません。

 球団・クラブの収入の多くを占めるスポンサー収入に影響があるということは、経営そのものに大きな影響があるということ。どの企業も今一番、大切なのは現金だと思いますが、球団・クラブにその影響を乗り切るだけの現金があるかどうか。今、正念場に立たされています。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集