[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 井上尚弥はシーサケットを「視界に捉えた」 海外から激突待望論「大勝負が期待」

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で衝撃的な圧勝を飾ったが、海外メディアではWBC同級タイトルマッチで世界1位の英雄ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)を圧倒した王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)を「視界に捉えた」と報じられ、評価を一気に高めている。

  • 井上尚弥は「ネクスト・パッキャオ」 世界のファンも衝撃やまず「もはやパニック」

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。衝撃の米デビュー戦を中継した米ケーブルテレビ局「HBO」はYoutubeで試合のハイライトを公開し、世界のファンから「『モンスター』というニックネームがすべてを物語っている」「ネクスト・パッキャオの登場だ」などと称賛がやまずにいる。

  • 井上尚弥「さらばアメリカ!」 衝撃米デビューに海外から再上陸待望の声も

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)が激闘から一夜明け、ツイッターを更新。感謝の言葉とともに「さらばアメリカ!!!」とつづっている。

  • 井上尚弥、V6の衝撃は英国に波及 公共放送「BBC」も「NAOYA INOUE」を報道

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。試合後にツイッターを更新。米メディアも絶賛を呼んでいたが、衝撃のV6は遠くイギリスにも波及した。英公共放送BBCが「ナオヤ・イノウエがスーパーフライ級タイトルを防衛」と報じている。

  • 井上尚弥は「情け容赦なかった」 完敗ニエベスも衝撃「彼はとても強くとても俊敏」

    2017.09.10

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。完敗したニエベスは「彼はとどまることがなかった。情け容赦なかった」とお手上げ状態だったことを明かしている。

  • V6井上尚弥「夢見る景色へ!」 更なる防衛へ意欲「まだまだこんなもんじゃない」

    2017.09.10

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。試合後にツイッターを更新。「まだまだこんなもんじゃないボクシングを見せていけたらと思います!」と、さらなる王座防衛を誓った。

  • 井上尚弥、衝撃のV6に米国も絶賛の嵐「まさに『怪物』の名の通りの結果だ」

    2017.09.10

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。米メディアは「まさに『モンスター』の名の通りの結果だった」「間違いなくボクシング界屈指のボディパンチャー」と絶賛している。

  • マクレガー、“クリロナ超え”を有言実行へ アスリート長者番付でNO1奪取濃厚

    2017.09.01

    米経済誌「フォーブス」が6月に発表した2017年の「アスリート世界長者番付」では、サッカー、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが驚異の102億円で2年連続の1位に輝いた。しかし、来年は総合格闘家で「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)がトップの座に就くことが確実だという。英紙「デイリー・メール」が報じている。

  • メイウェザー快勝 米国各界の一流アスリートが反応「徹夜した俺は頭おかしくない」

    2017.08.27

    プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾った王者に対し、米国中の一流アスリートも「間違いなく史上最高だ」「今までで一番興奮した試合だ」などと反応を見せている。

  • メイウェザー、伝説の宿敵パッキャオが賛辞「50勝を遂げたフロイドに祝福を!」

    2017.08.27

    プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾った王者に対し、かつて敗れた世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が「50勝を成し遂げたフロイドに祝福を!」と自身のツイッターで賛辞を送っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集