[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ安田祐香、初Vは目前か 名キャディーが「凄い」と証言した「ゴルフ脳」

世代筆頭の選手がツアー初優勝まであと少しのところまで来ている。女子ゴルフの安田祐香(NEC)、21歳。実力者が多く、2000年度生まれの「プラチナ世代」と呼ばれる学年。アマチュア時代に「逸材」と期待され、大きな注目を集めてプロ転向したが、同期に先を越されてきた。それでも、徐々に上位に顔を出す試合も増加。その姿は初めてバッグを担いだ名キャディーを驚かせていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

ワールドレディスサロンパス杯のラウンド中に笑顔を見せた安田祐香【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯のラウンド中に笑顔を見せた安田祐香【写真:Getty Images】

歴代最多39勝の清水重憲キャディーに聞いた安田祐香の魅力

 世代筆頭の選手がツアー初優勝まであと少しのところまで来ている。女子ゴルフの安田祐香(NEC)、21歳。実力者が多く、2000年度生まれの「プラチナ世代」と呼ばれる学年。アマチュア時代に「逸材」と期待され、大きな注目を集めてプロ転向したが、同期に先を越されてきた。それでも、徐々に上位に顔を出す試合も増加。その姿は初めてバッグを担いだ名キャディーを驚かせていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 プロデビューから2年、安田は頭を使ってゴルフをしている。5月8日まで行われた国内メジャー・ワールドレディスサロンパス杯。初日から7位、3位、2位と順位を上げて優勝争いを演じた。最終日は朝から首痛を抱えて7位。悲願の初優勝には届かなかったが、初めてタッグを組んだ清水重憲キャディーは1週間の印象を明かした。

「彼女はゴルフ脳が凄いですね。自分の中でマネジメント(コース戦略)がしっかりできていると思います」

 上田桃子、イ・ボミの歴代賞金女王たちのバッグを担ぎ、男女ツアー歴代最多の39勝(非公認)を挙げた名キャディー。ボミと18年9月にコンビ解消以降、固定の選手ではなく、試合ごとに異なる選手を担当している。今回は互いにパートナーがおらず、安田からの打診で実現。清水さんは「それまで彼女としっかり話したこともなかった」と外から見る限りしか知らなかったが、ラウンド中に他の若手にはない姿を感じ取った。

「最近の若い選手はこちらに聞いてこないことが多いのですが、彼女はいろいろと聞いてきてくれる。一緒にやっていて楽しかったですね。最終的には選手自身が判断しますが、聞いてくれればこちらもいろいろと伝えることができます」

 ただ言われるがままの選手とは違う。キャディーとの距離感はそれぞれだが、自分で考え、迷った時に意見をもらうのが強い選手のスタンダード。大会初日、ショットが左に飛びがちだった安田は、清水キャディーと問答を繰り返した。

 受けた助言は「全然、右に打っても大丈夫」「外すならこっちのほうがいい」。左右に振られたピンに対し、ショットの落としどころを明確にした。「自分も外す時は、打ちやすい方に外している。安全にこのコースを攻略できている」とキャディーに感謝していた。

 メジャーの難コースで予選36ホールのうち、ボギーはわずか1つ。第2日の9番パー4は第1打をドライバーで攻めず、4ウッドで刻んだ。グリーン手前からのアプローチで寄せてパー。清水さんが「彼女は自分で考えている」と感じ取った通り、全てをキャディー任せにするのではない。しかも、一見チャンスと思える状況でも、隠れた“落とし穴”に気づいていたという。

「若い子はバーディーを狙えそうだったら狙ってしまうけど、彼女は抑えることができる。外してはいけないところがわかっていますね。(難コースだから)成果が出たのだと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集