[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ポスト福岡堅樹は誰? ポジション争い熾烈なSH ラグビー日本代表が18か月ぶり再始動

ラグビー日本代表の2021年メンバーが5月24日に発表された。トップリーグ(TL)がパナソニックワイルドナイツの優勝で幕を閉じた翌日に、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が選んだメンバー36人は、2019年ワールドカップ(W杯)経験者19人、ノンキャップ14人という顔ぶれ。英国諸国、アイルランドの連合軍「ブリティッシュ・アイリッシュライオンズ」、アイルランド代表とのテストマッチへ向けて、26日からは大分・別府での合宿もスタート。国内を熱気に包んだW杯日本大会以来18か月ぶりとなる再始動の目指すゴールは、2年後のW杯フランス大会。新型コロナウィルスによるパンデミックと戦いながら、悲願のベスト8突破に挑む新生ジャパンの課題と可能性を考える。(文=吉田宏)

トップリーグを最後に現役を引退した福岡堅樹【写真:Getty Images】
トップリーグを最後に現役を引退した福岡堅樹【写真:Getty Images】

ベテラン吉田宏が考える新生ジャパンの可能性

 ラグビー日本代表の2021年メンバーが5月24日に発表された。トップリーグ(TL)がパナソニックワイルドナイツの優勝で幕を閉じた翌日に、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が選んだメンバー36人は、2019年ワールドカップ(W杯)経験者19人、ノンキャップ14人という顔ぶれ。英国諸国、アイルランドの連合軍「ブリティッシュ・アイリッシュライオンズ」、アイルランド代表とのテストマッチへ向けて、26日からは大分・別府での合宿もスタート。国内を熱気に包んだW杯日本大会以来18か月ぶりとなる再始動の目指すゴールは、2年後のW杯フランス大会。新型コロナウィルスによるパンデミックと戦いながら、悲願のベスト8突破に挑む新生ジャパンの課題と可能性を考える。(文=吉田宏)

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 ファン誰もが待ちわびたときが近づいている。

 ジョセフHCが発表した新生ジャパンは、事前に発表された候補選手54人から選りすぐられた36人。4年に1度しか編成されないライオンズとの歴史的な初対戦、そしてダブリンの至宝アビバスタジアムでの2019年“エコパの歓喜”の再現へ、桜のジャージーが2年ぶりに満開のときを待ちわびる。

 満を持して集められたメンバーの選考基準を、オンラインでのメディアブリーフィングで同HCに聞いてみた。

「テストマッチの経験ある選手、同時に状態が仕上がっている選手を選んでいる。準備期間が短いことで、経験のある選手が重要になる。そしてTLでいいプレーをした選手を選んでいる。同時に、若い選手を育成して、メンタリティーの部分でもしっかり備えさせていきたかった。W杯まで2年しかないので、若い選手も入れながらの選考になった」

 19年W杯戦士は半数を超える19人、ノンキャップ選手が14人と、新たな戦力を抜擢しながら強豪相手に戦える実績を持つメンバーに若干の厚みを持たせている。新旧メンバーのバランスが取られている印象だが、注目したいのはノンキャップ勢の中の7人の海外出身選手たちだ。

 彼らは、統括団体ワールドラグビーが設ける海外出身選手の代表資格「36か月継続的に当該国に居住する」という規約をクリアしている選手だ。この36か月という居住規約が、来年1月からは「60か月」に引き伸ばされることが決まっている。そのため、今年中に代表入りさせようという戦略的な狙いが、今回のメンバー選考に反映されている。もし、彼らが今年中に代表戦に出場できなかった場合は、日本でトータル60か月を過ごすことが代表入りの条件になる。そのため、この7人に関しては、6、7月のテストマッチに優先的に出場する可能性が高いと考えていいだろう。

 熱心なファンであれば、代表メンバーにTLを制したパナソニックワイルドナイツでMVP級の活躍を見せたCTBディラン・ライリーの名前がないことに疑問を持つだろう。日本代表の藤井雄一郎ディレクターに聞くと「ライリーの居住規約がクリアになって代表戦に出られるのは今年の秋以降になる」と説明している。

 オーストラリア、南アフリカでの代表資格も持つライリー本人も、24日に行われたオンライン取材で「いまの自分がいるのは、日本に来ることができたおかげだと思う。その日本でベストを尽くせる機会が訪れるのを楽しみにしている」と秋の日本代表戦でのデビューに強い意欲を示している。

 TLプレーオフ決勝で見せたインターセプトからの60メートル独走の先制トライが象徴する超攻撃的なプレースタイルが期待のライリーだが、「ディフェンス側の部分をもっと伸ばしていきたい」と、秋の代表入りへ向けて防御面の進化にも取り組む姿勢をみせている。藤井ディレクターはさらに、「松島幸太朗が国内合宿には不参加ということも踏まえて、人数を合わせるために大分合宿に呼びたい」と早期の帯同も用意している。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集