[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“怪童”父に持つワセダの逸材は必見 将来の日本代表入りが期待される逸材たち【BK編】

佳境に突入する関東大学ラグビーの有望選手、お薦めの原石を紹介する後半はBK編。2023年、27年ワールドカップでの活躍が期待される逸材から異色のプレーヤーまで、対抗戦、リーグ戦両グループともに必見の才能がひしめいている。

東海大SO武藤ゆらぎ&早大SO・FB河瀬諒介【写真:(C)JERFU】
東海大SO武藤ゆらぎ&早大SO・FB河瀬諒介【写真:(C)JERFU】

佳境の関東大学ラグビー、ファン必見の次世代の有望選手を紹介【後編】

 佳境に突入する関東大学ラグビーの有望選手、お薦めの原石を紹介する後半はBK編。2023年、27年ワールドカップでの活躍が期待される逸材から異色のプレーヤーまで、対抗戦、リーグ戦両グループともに必見の才能がひしめいている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ◇ ◇ ◇

 煌びやかなトライゲッター、ランナーが揃うBKは、例えるならラグビーの華。今季の大学リーグにも、多彩なタレントが揃っている。

 FWに続き大学王者・早大の注目選手から紹介するが、7日の筑波大戦でサプライズが起きた。1年生の公式戦デビューからFBで活躍してきた河瀬諒介(東海大仰星=3年)がSOで初先発。指令塔として無傷の5勝目に貢献した。

 河瀬は明大、日本代表でNO8として活躍して“怪童”と呼ばれた河瀬泰治・摂南大総監督を父に持ち、高校時代からFB、WTBで抜群の決定力が注目されてきた。今季は怪我で開幕から欠場が続いたが、4戦目の帝京大戦で途中出場して復帰すると、次戦で予想外のコンバートを演じてみせた。

 大学トップ選手のFBからSOへのコンバートは、昨季明大の山沢京平(深谷=4年)を思い出す。河瀬本人は「高校で1試合だけ経験した。自己採点は60点くらい」と背番号10でのプレーを振り返ったが、大抜擢した相良南海夫監督が「キックが出来ることと、ランのオプションがある選手がSOの位置にいるのは相手にとっては嫌なところ」と語るように、まずはFBで実績のあるキック力を期待されての起用が大きいのだろう。

 同時に、身長183センチの長身と、FBで磨いたアタック能力を生かして、SOでも自らが前に出てBKラインを引っ張り上げることができれば、チームの攻撃力は倍増するはずだ。SO兼FBとして経験を積めば、高校―大学の先輩で、昨秋のW杯でも奮闘した山中亮平(神戸製鋼)を超える存在に成長する可能性を秘めている。

 河瀬と高校時代から同じチームで活躍するのがCTB長田智希(東海大仰星=3年)だ。華麗な独走トライも、相手を吹っ飛ばす豪快な突破もないが、早大では1年から公式戦に出場。その最大の持ち味は、ボールを動かし、BKラインをアグレッシブに操る、広い視野に基づいた判断力。その洞察力は、ピンチと判断したときの集中力抜群のディフェンスにも表れる。

 前半戦の天王山と位置付けられた帝京大戦では、自陣ゴール前のピンチにジャッカルで相手の攻撃を寸断すると、直後の敵陣での右オープン攻撃では、帝京ディフェンダーのウィークショルダー(強度の弱い内側の肩)を崩して突破する好判断のランからトライを生み出すなど、攻守にいぶし銀の活躍を披露。チームの大学選手権連覇に欠かせないキーマンだ。

 SH小西泰聖(桐蔭学園=2年)は、期待通りの成長を見せている。高校時代から評価されてきたのは瞬発力抜群のスピード。1年生だった昨季は主将の齋藤直人(サントリー)の陰に隠れた存在だったが、日大との大学選手権準々決勝で途中出場すると、直後にゴール前スクラムからサイドを突き、相手防御に体を触らせないスピードでトライを決めている。

 正ポジションを与えたられた今季は、課題だったパスワークの精度、ボール捌きの速さを進化させ、早大の生命線でもあるテンポの速い攻撃を作り出している。パスワークを重視したプレーぶりが目立つが、チャンスと判断したときのサイドアタック、快足を生かしたサポートランでも、相手チームに脅威を与えている。小西にとっては絶対的な存在だった高校―大学の先輩・齋藤が、ニュージーランド代表に例えればパスワークを軸にオールラウンドに能力を見せるアーロン・スミスなら、小西はSO、WTBでもプレーできる快足と個人技を誇るPJペレナラタイプ。次世代の日本代表の9番を、3歳差の先輩ととともに争える可能性を秘めている。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集