[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

和歌山屈指の進学校から全国3度 坂下笑琉が確信、定期テストと柔道にある“比例関係”

柔道の全国高校総体(インターハイ)は5日間にわたって熱戦が繰り広げられ、10日に閉幕した。「THE ANSWER」は文武両道に励み、全国の大舞台に出場した選手たちをピックアップ。10日の個人戦・女子70キロ級には、近大和歌山から坂下笑琉(3年)が出場。和歌山屈指の進学校でハイレベルな学習に励みつつ、これまでに3度の全国大会出場を果たしている。部活と勉強の出来が“比例”するタイプ。両立がもらたすメリットや、継続の秘訣を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

近大和歌山からインターハイに出場した坂下は、勉強と部活に“比例関係”があると感じている【写真:宮内宏哉】
近大和歌山からインターハイに出場した坂下は、勉強と部活に“比例関係”があると感じている【写真:宮内宏哉】

インターハイ柔道、近大和歌山・坂下笑琉が貫く文武両道とは

 柔道の全国高校総体(インターハイ)は5日間にわたって熱戦が繰り広げられ、10日に閉幕した。「THE ANSWER」は文武両道に励み、全国の大舞台に出場した選手たちをピックアップ。10日の個人戦・女子70キロ級には、近大和歌山から坂下笑琉(3年)が出場。和歌山屈指の進学校でハイレベルな学習に励みつつ、これまでに3度の全国大会出場を果たしている。部活と勉強の出来が“比例”するタイプ。両立がもたらすメリットや、継続の秘訣を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 過去10年間で2000人以上を国公立大に送りこみ、難関私大にも毎年合格者が出ているなど、和歌山屈指の進学校として知られる近大和歌山。中高一貫校で、柔道部員は男女合わせて10人程度だが、坂下は高2から計3度の全国大会出場を果たしている。

 国公立大に進学できる可能性が高い高校への進学を希望し、和歌山・貴志中から近大和歌山に合格。入試の成績が良かったためか、1年生では選抜クラスに当たる「スーパーADコース」に配属された。ただ、勉強も部活も本当の意味で充実し始めたのは、通常クラスに希望して移った高2の頃からだ。

 スーパーADでは、高い学習レベルに部活をしながらついて行くのが難しかった。通常のクラスより授業数も多く、柔道部の練習には途中参加となる曜日も。さらに自宅で4時間の学習時間を取るように指示されていたが、帰宅して食事などを済ませると夜10時を過ぎていた。

「『やらなあかん!』とも思わずに『おやすみ……』という感じでした(笑)。もちろん最低限はやろうと思っていたんですけど、ついて行けなくなって。中途半端になるなら、通常のクラスで頑張ろうと思いました」

 自宅でも机に向かい、最低限の復習はほぼ欠かさずできるようになった2年生の夏。坂下は和歌山インターハイ予選を勝ち抜き、初めて全国行きの切符を手にした。

 中学時代は指導者が学校におらず、県大会も勝ち抜けなかったが、近大和歌山で一から基礎を教わってみるみる上達。2年冬には、近畿大会で3位に入った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集