[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、リプレー検証に救われた“0.1秒の奇跡”を米紹介「判定は覆ってアウトに」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、MLBでは1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成した。序盤には、ピンチを芽を摘んだ“0.1秒の奇跡”も。MLBリプレー公式が動画を公開。一瞬の隙を逃さなかった味方と大谷のアピールに対し、「走者がベースとの接触を継続できなかった」「判定は覆ってアウトに」と紹介した。

「2番・投手兼DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
「2番・投手兼DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平、2回にピンチの芽を摘んだプレーとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、MLBでは1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成した。序盤には、ピンチを芽を摘んだ“0.1秒の奇跡”も。MLBリプレー公式が動画を公開。一瞬の隙を逃さなかった味方と大谷のアピールに対し、「走者がベースとの接触を維持できなかった」「判定は覆ってアウトに」と紹介した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は即座に反応した。0-0の2回先頭。セス・ブラウンにスライダーを痛打された。打球は右翼フェンスを直撃。右翼手はすぐに二塁ベースに入ったフレッチャーに返球した。タッチをされた打者走者は悠々セーフ。二塁塁審もセーフの判定だった。しかし、大谷はいち早く人差し指を突き上げてアピール。リプレー検証に委ねられた。

 結果、判定はアウトに覆った。スロー映像では、ブラウンがスライディング時に左右の足でベースを跨いだ瞬間、ほんのわずかな間だけ体がベースのどこにも触れていなかった。フレッチャーは走者の背中にグラブでタッチしている。セーフならば無死二塁で先制のピンチだった場面。記録こそヒットとなったが、1死走者なしで再開され、大谷は後続2人も打ち取った。

 MLBリプレー公式ツイッターは一連のプレー動画を公開。「エンゼルスがセス・ブラウンのセーフ判定にチャレンジ。リプレーオフィシャルは、守備者がタッチする時に走者がベースとの接触を維持できなかったと判断。判定を覆し走者はアウトとなった」と説明した。ブラウンがベースから離れたのはまさに刹那のタイミングだっただけに、6回まで無失点を続けた大谷にとってはビッグプレーとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集