[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

せっかくのHRキャッチ直後に転売 まさかの理由を購入者告白「取り戻さなきゃダメ」

米大リーグで珍しいシーンが繰り広げられた。フィラデルフィアで行われたフィリーズとマーリンズの試合中、ホームランボールをファン同士が200ドル(約2万7000円)で“転売”。購入者は「取り戻さなきゃいけないから」と、まさかの理由を説明した。この様子が地元局の中継映像として流れ、話題を集めている。

フィリーズvsマーリンズ戦でのワンシーンが話題を集めている(画像は「バリー・スポーツ・フロリダ」マーリンズ専門ツイッターのスクリーンショットより)
フィリーズvsマーリンズ戦でのワンシーンが話題を集めている(画像は「バリー・スポーツ・フロリダ」マーリンズ専門ツイッターのスクリーンショットより)

フィリーズvsマーリンズ戦でのワンシーンとは

 米大リーグで珍しいシーンが繰り広げられた。フィラデルフィアで行われたフィリーズとマーリンズの試合中、ホームランボールをファン同士が200ドル(約2万7000円)で“転売”。購入者は「取り戻さなきゃいけないから」と、まさかの理由を説明した。この様子が地元局の中継映像として流れ、話題を集めている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 0-1の4回、マーリンズの攻撃。5番のJ・Jブレディは右翼席前列に同点弾を放った。直後、男性ファンが財布から紙幣を取り出し、ホームランボールを手にした別の男性と交換した。ボールを譲り受けた男性はスタンドを移動。マーリンズのユニホームを着た女性に手渡した。

 米フロリダ地元局「バリー・スポーツ・フロリダ」マーリンズ専門ツイッターは、一部始終を捉えた動画を公開。むき出しの紙幣が行き交う生々しい光景だったが、実は最後にボールをもらった女性は、なんと本塁打を放ったJ・J・ブレディの恋人エミリーさんだった。エミリーさんの知人がボールを手にしたフィリーズファンに掛け合い、その場で購入し、プレゼントしたという。

 別の動画では、リポーターのクレイグ・ミネルビーニ氏がエミリーさんと知人を直撃取材。知人は「エミリーのために、ボールをキャッチしたファンに200ドルとの交換を提案したんです」と交渉内容を明かした。さらに「最初に100ドルを提案したんだけど、彼は200だと言ったから、決まりだってね。ボールを取り戻さなければいけなかったら」と“足元を見られた”ことも打ち明けた。

 これに対し、ファンからは「100ドルを受け入れなかったなんて」「フィリーズのファンは最悪だな」といったフィリーズファンへの辛辣なコメントも寄せられているが、エミリーさんは「このボールは本当にプライスレスです」と喜びを隠さなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集