[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシアで厳命された100g単位の体重管理 フィギュアと新体操に共通する女子選手の課題【鈴木明子×皆川夏穂】

フィギュア界には「生理がくる=難しい時期がやってくる」という暗黙の了解がある鈴木さんは語る【写真:松橋晶子】
フィギュア界には「生理がくる=難しい時期がやってくる」という暗黙の了解がある鈴木さんは語る【写真:松橋晶子】

フィギュア界の暗黙の了解「生理がくる=難しい時期がやってくる」

皆川「それは皆さん、暗黙の了解というか同じように思っていたんですか?」

鈴木「そうですね、当時はコーチや親も『生理がくる=難しい時期がやってくる』と捉えていましたし、それを知っているから、私も生理が始まったときは嬉しくなかったんです。でも、成長期に伴う体重の変化はトレーニングによってカバーできます。宮原選手も、すごく細くてしなやかな、いい筋肉がついていますよね。また、私が摂食障害という病気があっても長く、現役生活を送れたのって、やっぱりジュニア時代に基礎を大切にして、やり込んできたからこそだと思うんです。

 例えば、成長期に入り、一時的にジャンプが不安定になったときに『痩せなさい!』という方向ではなく、成長していく体に添ったトレーニング跳び方を考える。だけど、今の若い選手は土台がしっかりしないうちから、どんどん難しい技術を積み上げていくイメージがあります。今跳べる人を作るのではなく、成長してからも跳べる基礎作りがすごく大事だと思っています。そうでなければ、一瞬輝く選手で終わってしまう。細さもある程度必要、でも体の成長もポジティブに受け入れられるよう、指導者や親もどっしり構えて見守ることが重要ですよね」

(後編へ続く)

■鈴木 明子 / Akiko Suzuki

 1985年3月28日生まれ。愛知県出身。6歳からスケートを始め、00年に15歳で初出場した全日本選手権で4位に入り、脚光を浴びる。東北福祉大入学後に摂食障害を患い、03-04年シーズンは休養。翌シーズンに復帰後は09年全日本選手権2位となり、24歳で初の表彰台。10年バンクーバー五輪8位入賞。以降、12年世界選手権3位、13年全日本選手権優勝などの実績を残し、14年ソチ五輪で2大会連続8位入賞。同年の世界選手権を最後に29歳で現役引退した。現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する傍ら、全国で講演活動も行う。

■皆川 夏穂 / Kaho Minagawa

 1997年8月20日生まれ。千葉市出身。4歳から新体操を始める。13年、フェアリージャパンの特別強化選手として、ロシアへ新体操留学。15年の世界選手権では個人総合15位となり、16年リオデジャネイロ五輪の個人総合出場を決める。17年世界選手権では種目別フープで銅メダルを獲得。日本の個人選手として42年ぶりの表彰台となった。20年12月、筋腱神経組織が壊死するコンパートメント症候群の悪化により右足を手術。21年6月、東京五輪代表選考会に臨むが出場権を逃し、同年10月、現役引退を表明。現在指導者を目指す。

<3月6日に「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」オンラインイベント開催>

 女子選手のコンディショニングを考える「女性アスリートのカラダの学校」を本日開催。第1部は「月経とコンディショニング」をテーマに元陸上日本代表・福士加代子さんをゲストに迎え、月経周期を考慮したコンディショニングを研究する日体大・須永美歌子教授が講師を担当。第2部は「食事と健康管理」をテーマにボクシング東京五輪女子フェザー級金メダリスト・入江聖奈をゲストに迎え、公認スポーツ栄養士の橋本玲子氏が講師を担当。1、2部ともにアスリートの月経問題などについて発信している元競泳日本代表・伊藤華英さんがMCを務める。参加無料。応募は「THE ANSWER」公式サイトから。詳細(https://the-ans.jp/event/224770/)。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集