[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京マラソンで珍事 先頭集団が10km付近でコース間違い…キプチョゲら一時リズム崩す

東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、37歳の世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)ら先頭集団がコースを間違えるハプニングが発生した。

男子マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ【写真:Getty Images】
男子マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ【写真:Getty Images】

東京マラソン

 東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、37歳の世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)ら先頭集団がコースを間違えるハプニングが発生した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 スタート地点は快晴、気温7.8度、湿度22%の中で選手たちは一斉にスタートした。キプチョゲは出だしから先頭集団を引っ張る展開。5キロ地点は自身の世界記録ペースを7秒上回る14分17秒で通過した。しかし、先頭集団は10キロ付近でコースを間違えるハプニング。数メートルですぐに戻ったが、一時的にリズム崩す展開となった。

 キプチョゲは2時間1分39秒の男子世界記録を持ち、16年リオ、21年東京と五輪連覇した生きるレジェンド。2019年には非公認ながら42.195キロを1時間59分40秒で走破した。人類初の2時間を切る異次元のタイムをマーク。マラソンは今大会前まで15戦13勝の驚異的勝率を誇っていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集