[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 井上尚弥、世界に熱望広がる“夢の統一戦” VSソールンビサイ「極上のファイトだ」

    2017.09.13

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。衝撃的な圧勝劇で世界的な知名度を一気に高めることに成功したが、WBC同級タイトルマッチで世界1位の英雄ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)を圧倒した王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)とのビッグマッチ実現を求める声が海外で高まっている。

  • 井上尚弥は「完璧主義者」 初歩的ミスも…米デビューで示した“モンスターの哲学”

    2017.09.12

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に対し、6回TKOで衝撃の米デビューを飾った。世界に「ナオヤ・イノウエ」の名前を知らしめた一戦では「モンスター」と呼ばれる24歳のある哲学が際立っていた。米メディアが脚光を当てている。

  • なぜ、井上尚弥に全米は衝撃を受けたのか 「崇高」と評された「最高のパンチ」とは

    2017.09.12

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で圧巻のTKO勝ちを収めたが、米メディアは地元のアントニオ・ニエベス(米国)を悶絶させたショットを「なんてボディショットなんだ」「崇高な左フック」と称賛し、“衝撃TKO勝ち”の要因を分析している。

  • 井上尚弥はシーサケットを「視界に捉えた」 海外から激突待望論「大勝負が期待」

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で衝撃的な圧勝を飾ったが、海外メディアではWBC同級タイトルマッチで世界1位の英雄ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)を圧倒した王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)を「視界に捉えた」と報じられ、評価を一気に高めている。

  • 井上尚弥は「ネクスト・パッキャオ」 世界のファンも衝撃やまず「もはやパニック」

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。衝撃の米デビュー戦を中継した米ケーブルテレビ局「HBO」はYoutubeで試合のハイライトを公開し、世界のファンから「『モンスター』というニックネームがすべてを物語っている」「ネクスト・パッキャオの登場だ」などと称賛がやまずにいる。

  • 井上尚弥「さらばアメリカ!」 衝撃米デビューに海外から再上陸待望の声も

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)が激闘から一夜明け、ツイッターを更新。感謝の言葉とともに「さらばアメリカ!!!」とつづっている。

  • 井上尚弥、V6の衝撃は英国に波及 公共放送「BBC」も「NAOYA INOUE」を報道

    2017.09.11

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。試合後にツイッターを更新。米メディアも絶賛を呼んでいたが、衝撃のV6は遠くイギリスにも波及した。英公共放送BBCが「ナオヤ・イノウエがスーパーフライ級タイトルを防衛」と報じている。

  • 井上尚弥は「情け容赦なかった」 完敗ニエベスも衝撃「彼はとても強くとても俊敏」

    2017.09.10

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。完敗したニエベスは「彼はとどまることがなかった。情け容赦なかった」とお手上げ状態だったことを明かしている。

  • V6井上尚弥「夢見る景色へ!」 更なる防衛へ意欲「まだまだこんなもんじゃない」

    2017.09.10

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。試合後にツイッターを更新。「まだまだこんなもんじゃないボクシングを見せていけたらと思います!」と、さらなる王座防衛を誓った。

  • 井上尚弥、衝撃のV6に米国も絶賛の嵐「まさに『怪物』の名の通りの結果だ」

    2017.09.10

    ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。米メディアは「まさに『モンスター』の名の通りの結果だった」「間違いなくボクシング界屈指のボディパンチャー」と絶賛している。

  • マクレガー、“クリロナ超え”を有言実行へ アスリート長者番付でNO1奪取濃厚

    2017.09.01

    米経済誌「フォーブス」が6月に発表した2017年の「アスリート世界長者番付」では、サッカー、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが驚異の102億円で2年連続の1位に輝いた。しかし、来年は総合格闘家で「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)がトップの座に就くことが確実だという。英紙「デイリー・メール」が報じている。

  • メイウェザー快勝 米国各界の一流アスリートが反応「徹夜した俺は頭おかしくない」

    2017.08.27

    プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾った王者に対し、米国中の一流アスリートも「間違いなく史上最高だ」「今までで一番興奮した試合だ」などと反応を見せている。

  • メイウェザー、伝説の宿敵パッキャオが賛辞「50勝を遂げたフロイドに祝福を!」

    2017.08.27

    プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾った王者に対し、かつて敗れた世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が「50勝を成し遂げたフロイドに祝福を!」と自身のツイッターで賛辞を送っている。

  • メイウェザー、王者の誇り 予想以上の強さも圧倒「ボクシングは地獄のスポーツだ」

    2017.08.27

    プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾ったメイウェザーは「ボクシングは地獄のスポーツだ」と誇ったという。英紙「ミラー」が報じた。

  • メイウェザー、TKO勝ち 世界で続々速報「50-0で引退」「予想通りの戦い実行」

    2017.08.27

    プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾った。

  • レスリング、世界選手権で金6個のメダルラッシュ 吉田沙保里「本当に凄い事」

    2017.08.26

    レスリングの世界選手権(パリ)は25日、男子のフリースタイル57キロ級で高橋侑希(ALSOK)が優勝。フリースタイルでは1981年大会52キロ級の朝倉利夫以来、36年ぶりの快挙となった。歴史的な快挙を受け、五輪3連覇を果たしている吉田沙保里は「本当に凄い事」と自身のツイッターで拍手を送っている。

  • 牛肉が原因? 山中撃破ネリに薬物反応、WBC会長は真相究明へ「彼とも面談を持つ」

    2017.08.24

    世界ボクシング評議会(WBC)は23日(日本時間24日)、15日に行われたWBCバンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)をTKOで破った新王者、ルイス・ネリ(メキシコ)が試合前のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したと発表した。海外メディアも続々と反応し、WBC会長が牛肉によって検出された可能性を指摘。「メキシコではよく起こる出来事だ」と話し、真相究明に乗り出すことを伝えている。

  • ネリ、「夢みたい」な山中撃破に興奮冷めず「歴史的王者を王座から降ろした」

    2017.08.16

    WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(島津アリーナ京都)は15日、同級王者・山中慎介(帝拳)が同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKO負けを喫し、日本タイ記録となる13度目のタイトル防衛に失敗した。デビュー24連勝で新王者となったネリは「歴史的チャンピオンを王座から降ろした」と喜びを爆発させている。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集