[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】井上尚弥は「情け容赦なかった」 衝撃のV6に米国も絶賛「“怪物”の名の通りの結果」

【名珍場面2017】井上尚弥は「情け容赦なかった」 衝撃のV6に米国も絶賛「“怪物”の名の通りの結果」

2017年のスポーツ界を沸かせ、記憶に残った様々なシーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月にボクシングの井上尚弥(大橋)の「米衝撃TKOデビュー」だ。異国の地で6度目の防衛に成功した男を米メディアも「まさに『モンスター』の名の通りの結果だった」「間違いなくボクシング界屈指のボディパンチャー」と絶賛するなど、話題となった。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」…9月のTKOデビューで本場米国に衝撃

 2017年のスポーツ界を沸かせ、記憶に残った様々なシーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月にボクシングの井上尚弥(大橋)の「米衝撃TKOデビュー」だ。異国の地で6度目の防衛に成功した男を米メディアも「まさに『モンスター』の名の通りの結果だった」「間違いなくボクシング界屈指のボディパンチャー」と絶賛するなど、話題となった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本が世界に誇る「The Monster」は、米国でも大きなインパクトを残した。

 9月9日(日本時間10日)に行われたボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)。井上は同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)相手に序盤から積極的にパンチを繰り出し、懸命にガードする相手を追いかけて終始攻め続けた。6回終了後に相手陣営が棄権。圧倒的な内容でV6を達成した。

 これには“敵地”の米メディアも反応した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「輝きを放つナオヤ・イノウエがアントニオ・ニエベスを退け、王座防衛」と速報。「世界スーパーフライ級王者のイノウエは、母国日本では『モンスター』というニックネームを与えられているが、彼のアメリカデビュー戦はまさにその名の通りの結果だった」と圧倒ぶりを絶賛していた。

 さらに、米ケーブルテレビHBOは公式ツイッターでボクシング解説者のマックス・ケラーマン氏のコメントを紹介。「この男を止めるには、規格外のファイターを連れてこないといけない」と称賛している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー