[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 尾川堅一、“咆哮の新王者”を米メディア称賛「一晩中どデカいパンチ繰り出した」

尾川堅一、“咆哮の新王者”を米メディア称賛「一晩中どデカいパンチ繰り出した」

プロボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦12回戦(米ラスベガス)は9日(日本時間10日)、同級4位・尾川堅一(帝拳)が同級5位テビン・ファーマー(米国)に2-1で判定価値。世界初挑戦で王座獲得した29歳に対し、本場の米メディアも「一晩中どデカいパンチを繰り出し続けた」と称賛している。

世界初挑戦でIBFスーパーフェザー級ベルト奪取「オガワが止まることは一切なかった」

 プロボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦12回戦(米ラスベガス)は9日(日本時間10日)、同級4位・尾川堅一(帝拳)が同級5位テビン・ファーマー(米国)に2-1で判定価値。世界初挑戦で王座獲得した29歳に対し、本場の米メディアも「一晩中どデカいパンチを繰り出し続けた」と称賛している。

 尾川がラスベガスで快挙を演じた。同級5位ファーマーを相手に一歩も引くことなく、激闘を演じた。12回で決着せず、終了のゴングが鳴ったが、採点は116-112、115-113、112-116で「ケンイチ・オガワ」の名前がコールされた。

 24戦目にして迎えた世界初挑戦で王座獲得した29歳にボクシングの本場、米メディアも拍手を送った。

 ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は、試合の特集を掲載。「オガワは非常にアグレッシブに打って出て、最初のラウンドの段階でダメージを負わせていたようだった。ファーマーはこれにより消極的な姿勢が続き、この日本人の強打者のボクシングに対し、敏感になってしまっていた」と尾川の攻撃的ファイトを称賛している。

 さらに、試合が進むにつれ、ハードパンチを繰り出し続けたと紹介した上で「それを嫌がるフォーマーは距離を取り続けたが、オガワ距離を縮められ、重いショットをお見舞いされ、思わず後ずさりを余儀なくされた。フォーマーは11ラウンドの時点で疲弊してしまっていたが、オガワが止まることは一切なく、一晩中どデカいパンチを繰り出し続けた」と賛辞を送った。

 ラスベガスの地でチャンピオンベルトを手にした尾川。判定後は咆哮し、歓喜を爆発させた。その戦いぶりで実力を米メディアも認めさせた。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー