[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • デジモン似の“あのキャラ”が本命!? 東京五輪マスコット決戦に米メディアも注目

デジモン似の“あのキャラ”が本命!? 東京五輪マスコット決戦に米メディアも注目

2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの最終候補3作品が7日に公表され、作品の1つは人気アニメ「妖怪ウォッチ」の「ジバニャン」、ポイントカードの「ポンタ」に似ているとネット上で話題になっているが、アメリカのテレビ局「CBSスポーツ」も今回のマスコット決戦に注目。作品をこう評価した上で、あのキャラを“本命”に推している。

マスコット決戦が米国でも話題…作品は高評価「東京らしいユニークな芸術文化を表現」

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの最終候補3作品が7日に公表され、作品の1つは人気アニメ「妖怪ウォッチ」の「ジバニャン」、ポイントカードの「ポンタ」に似ているとネット上で話題になっているが、アメリカのテレビ局「CBSスポーツ」も今回のマスコット決戦に注目。作品をこう評価した上で、あのキャラを“本命”に推している。

 日本といえば、数多くの“ゆるキャラ”に加え、さまざまな人気アニメ、ゲームが生まれたことが世界でも認知されている。そんな日本が2020年に迎える東京五輪。このほど大会マスコットの最終候補が発表され、大会公式ツイッターでも実際の3作品が公開。CBSの記事ではこのように記している。

「我々は、TOKYO2020オリンピックについて、明確な一つのことを知りえることができた。それは、マスコットが絶対に“ベスト”になるということだ。マスコットの候補リストに発表されたのは、東京らしいユニークな芸術文化を表現したすべてのものだ」

 発表された候補アはエンブレムに採用されている市松模様を押し出し、候補イは手塚治虫のキャラクター風の愛嬌があり、候補ウは「ジバニャン」と似ていると話題となった。

 それぞれのマスコット案について、記事では「最高の友人でありライバルだ!」と紹介した上で、“本命”のキャラクターについても言及している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー