[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「凄まじい重圧がかけられている」 井上尚弥、“強すぎる王者”の宿命に米注目

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、12月30日に横浜文化体育館で同級6位ヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に臨む。衝撃の米デビューから3か月半、再びリングに上がる「The Monster」について、米メディアは「ボクシングファンから凄まじいプレッシャーがかけられている」と報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

身長・リーチはボワイヨが優勢も「それが勝利を収める根拠にはなり得ない」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、12月30日に横浜文化体育館で同級6位ヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に臨む。衝撃の米デビューから3か月半、再びリングに上がる「The Monster」について、米メディアは「ボクシングファンから凄まじいプレッシャーがかけられている」と報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 30連勝中の挑戦者ボワイヨとの年末決戦は、本場米国でも熱視線が注がれている。

 米ボクシングメディア「ボクシングニュース」は、「ナオヤ・イノウエvsヨアン・ボワイヨが今週土曜」と言及。井上にとって7度目となる防衛戦を展望している。

「ボワイヨは背丈があるため、リーチにおいてはイノウエに対しアドバンテージがある。しかし、それが勝利を収める根拠には一切なり得ない」

 身長163.5センチ、リーチ171センチの井上に対し、ボワイヨは身長171センチ。記事では、リーチではボワイヨが優勢としながらも、それが勝利を約束するものではないと分析している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集