[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 明成、「ピンチはチャンス」で8強 八村阿蓮のファウルトラブルが生んだ“想定外の顔”

明成、「ピンチはチャンス」で8強 八村阿蓮のファウルトラブルが生んだ“想定外の顔”

ピンチはチャンスなり――。大黒柱のファウルトラブルを乗り越え、メインコートに辿り着いた。ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は26日に第4日を行い、男子の明成(インターハイ準優勝・宮城)は、62-59で洛南(京都)に競り勝ち8強入りを決めた。最後は、3点差を追う洛南に何度もシュートを狙われたが、センター八村阿蓮がリバウンドを連発し、リードを守り切った。

ファウルトラブルに見舞われるも16リバウンドの八村阿蓮【写真:平野貴也】
ファウルトラブルに見舞われるも16リバウンドの八村阿蓮【写真:平野貴也】

ウインターカップ男子3回戦、強豪・洛南相手に主力の出場制限を強いられる苦境も…

 ピンチはチャンスなり――。大黒柱のファウルトラブルを乗り越え、メインコートに辿り着いた。ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は26日に第4日を行い、男子の明成(インターハイ準優勝・宮城)は、62-59で洛南(京都)に競り勝ち8強入りを決めた。最後は、3点差を追う洛南に何度もシュートを狙われたが、センター八村阿蓮がリバウンドを連発し、リードを守り切った。

 八村の兄は、2年前に三連覇を達成した時のエースで、現在は米国のゴンザガ大でプレーする八村塁だ。弟・阿蓮も196センチの長身で運動能力も高く、攻守両面でチームを牽引する主力として活躍している。

 しかし、この試合では前半で4ファウルに追い込まれ、プレータイムを制限される苦しい展開になった。あとファウル1つで退場……。当然、明成は最後の勝負所に大黒柱を残すため、八村を交代させながら試合を進めなければならない。

 だが、有利になるはずだった洛南のポイントガードを務めた大橋大空は「向こうが、上手く対応してきた。別の選手がファウルを(辞さない厳しいプレーを)してきて、上手く対応し切れなかったのは痛かった。リバウンドにも(代わりに入った選手ではなく)他の選手が飛び込んで来て、そいつが来るのかと思わされるところがあって、少し崩れてしまった部分はあった」とやりにくさを感じていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー