[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • 風邪にバニラアイス!? 栄養士オススメ、効率良く栄養素を摂る“2ステップ摂取法”

風邪にバニラアイス!? 栄養士オススメ、効率良く栄養素を摂る“2ステップ摂取法”

どんなに体を鍛えてたり、予防に努めても、少し気が緩んだ隙に風邪を引いてしまうことはよくある。Jリーグの横浜F・マリノスやラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツなどの栄養サポートを手がける、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏は「風邪の症状や程度に合わせた食事法が回復を早める」と話す。食欲がない、飲み込むのもツライ……、そんな時にもしっかりと栄養を摂る食事について訊いた。

引いた風邪を撃退する“2ステップ摂取法”とは【写真:photolibrary】
引いた風邪を撃退する“2ステップ摂取法”とは【写真:photolibrary】

水分とエネルギー源は必須…ミネラルを含む果物やスポーツドリンク、ゼリーが理想

 どんなに体を鍛えてたり、予防に努めても、少し気が緩んだ隙に風邪を引いてしまうことはよくある。Jリーグの横浜F・マリノスやラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツなどの栄養サポートを手がける、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏は「風邪の症状や程度に合わせた食事法が回復を早める」と話す。食欲がない、飲み込むのもツライ……、そんな時にもしっかりと栄養を摂る食事について訊いた。

──────────────────────────────

 どんなに予防に努めても、風邪を引いてしまうことはあります。なかには食欲がない、喉が痛くて上手く飲み込めないといった理由で、食欲が落ちてしまうこともあるでしょう。そんな時は「早く治るようにたくさん食べなくては」と、無理矢理に食事を口に押し込まなくて大丈夫。その時の具合を見ながら、必要な栄養素を効率良く摂る。そんな食事や食材の選び方をぜひ覚えましょう。

 風邪を引いた時は、引きはじめなのか、重い症状が出ているのかで食事の仕方が変わると思います。本格的な風邪まで至ってない時は、体力や抵抗力を奪われないよう、栄養たっぷりで体を温める食事が良いでしょう。

 コツは「2ステップで食べるものを考える」です。

 第1ステップは、「食欲がなくても水分とエネルギー源になるものを摂る」。体にこもった熱は汗となって体外に排出されるので、発熱すると体は水分不足になりがち。水分は体の機能をスムーズに働かせるために必要なので、症状が重く、全く食べられない時でも、水分だけはまめに補給するようにしましょう。できればエネルギー源とミネラルも補給したいので、真水や白湯だけでなく果物やスポーツドリンク、ゼリーなども交えてください。

1 2 3

橋本玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

サッカーJ1横浜F・マリノス、ラグビートップリーグ・パナソニックワイルドナイツの栄養アドバイザー。2006年トリノ五輪ではスキーフリースタイル・上村愛子を日清オイリオグループ株式会社と共にサポート。トップアスリートから未来のアスリートを目指すジュニア世代とその保護者まで、幅広いターゲットに対し、より強く、より健康になるためのメニュー提案、栄養セミナー、栄養カウンセリングなどを行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー