[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、新春の決意「バンタム級で再スタートを」 ファンも期待「テテを倒して」

井上尚弥、新春の決意「バンタム級で再スタートを」 ファンも期待「テテを倒して」

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトル戦で7度目の王座防衛を達成した井上尚弥(大橋)が1日、インスタグラムを更新。2017年を「納得」と振り返った上で「今年はバンタム級で再スタートを切りたい」と決意を記した。

WBO世界スーパーフライ級タイトル戦で7度目の王座防衛を達成した井上尚弥【写真 : Getty Images】
WBO世界スーパーフライ級タイトル戦で7度目の王座防衛を達成した井上尚弥【写真 : Getty Images】

V7達成のモンスター、SNSで新春の決意「バンタム級で再スタートを切りたい」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトル戦で7度目の王座防衛を達成した井上尚弥(大橋)が1日、インスタグラムを更新。2017年を「納得」と振り返った上で「今年はバンタム級で再スタートを切りたい」と決意を記した。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 井上はこの日、インスタグラムを更新。「皆さん新年あけましておめでとうございます」と挨拶した上で「2017年は3試合全て納得の出来る内容で勝つ事が出来ました!」と9月の米デビューを含め、3戦全勝を飾った昨年を振り返った。

 さらに「今年はバンタム級で再スタートを切りたいと思います!」と階級を上げ、新たなフィールドに決意。「引き続き応援宜しくお願いします」とファンに呼びかけた。

 井上は12月30日のタイトル戦で同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に3回TKO勝ち。ケタ違いの強さを見せつけてV7を達成し、米メディアに「なぜ、対戦相手探しが大変なのか、すぐに分かった」と称賛されるなど、話題を呼んだ。

 タイトル戦史上世界最短の“11秒KO”で話題となったWBO世界バンタム級王者、ゾラニ・テテ(南アフリカ)らとの激突に早くも期待が高まっている。

 コメント欄でも「テテを倒しちゃってください」「まだまだ伝説楽しみにしています」など、ファンからエールが送られていた。バンタム級最強に挑戦する2018年も、その拳から目が離せない。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー