[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「サッカーはスモウに学べ」 名将ベンゲル監督、“珍提言”のマジメな理由

「サッカーはスモウに学べ」 名将ベンゲル監督、“珍提言”のマジメな理由

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は1995年から96年途中までJリーグの名古屋グランパスの指揮を執り、日本代表監督候補にも度々名前が挙がる親日家としても知られる。名門の在任21年を数える名将はフットボール界に「スモウから学べ」と珍提言している。果たして、その真意は――。

「日本にいた時にスモウを観戦した」…アーセナルの世界的名将が提言、その真意は?

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は1995年から96年途中までJリーグの名古屋グランパスの指揮を執り、日本代表監督候補にも度々名前が挙がる親日家としても知られる。名門の在任21年を数える名将はフットボール界に「スモウから学べ」と珍提言している。果たして、その真意は――。

「マンチェスター・ダービーのトンネルでの乱闘後、フットボールは相撲から学ぶべきだ、とアーセン・ベンゲルは訴える」と特集したのは、英地元紙「デイリー・ミラー」だ。

 記事によると、ベンゲル監督は記者会見で「ビッグゲームで敗れた後に、対戦相手が100%のセレブレーションをしているのを目の当たりにすることは受け入れることが難しいことだ」とイングランドサッカー界を震撼させた“ある事件”に触れ、こう語った。

 10日に行われたマンチェスター・シティ―マンチェスター・ユナイテッドのダービーマッチで、敵地だったシティが2-1で勝利を収めた。試合後、シティの選手は宿敵を倒した高揚感からドレッシングルームで喜びを爆発させたが、この後に問題が起こった。

 宿敵の行動に怒ったユナイテッドのモウリーニョ監督は相手のロッカールームに乗り込み、GKエデルソンとの口論が白熱、さらに両軍選手、スタッフ20人が入り乱れる乱闘に発展したと英メディアで報じられている。モウリーニョ監督はペットボトルが当たり、牛乳をかけられるなどの被害を受け、シティのアルテタコーチはパンチを眉間に受けて流血。警察が介入する大事になった。

 冒頭のベンゲル監督の発言は、歓喜を見せつけられる敗者の気持ちを思いやった格好だ。記事によると、名古屋監督時代に観戦することもあった日本の国技を例に挙げ、リスペクトの精神を説いている。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー