[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、VSネリが「今年見たい12試合」に米選出「間違いなく強打応酬の大一番」

井上尚弥、VSネリが「今年見たい12試合」に米選出「間違いなく強打応酬の大一番」

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)を圧倒し、3回TKO勝ち。7度目の防衛を達成した。今年はバンタム級転向の意向を示しているが、海外メディアは2018年に実現が待望される「ビッグマッチ12戦」に、英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)ら世界的スーパースターとともに、井上のバンタム級のタイトル戦を選出している。

バンタム級転向の意向を示している井上尚弥【写真 : Getty Images】
バンタム級転向の意向を示している井上尚弥【写真 : Getty Images】

バンタム級転向の怪物、英雄パッキャオら世界的スターとともに米メディア注目

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)を圧倒し、3回TKO勝ち。7度目の防衛を達成した。今年はバンタム級転向の意向を示しているが、海外メディアは2018年に実現が待望される「ビッグマッチ12戦」に、英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)ら世界的スーパースターとともに、井上のバンタム級のタイトル戦を選出している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「Monster」のバンタム上陸に、海外メディアが早くも注目している。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」スペイン語版は「2018年に実現するかもしれない偉大な戦い」と特集。ファン待望のビッグマッチ12戦を選出し、井上が堂々と名を連ねた。

 WBA、IBF世界ヘビー級王者のアンソニー・ジョシュア(英国)対WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)、WBC世界ライト級王者のマイキー・ガルシア(米国)とWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)というチャンピオンの激突に続き、井上のタイトルマッチが3番目に登場する。

 相手はWBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)。日本ボクシング界にとっては因縁の男だ。

 寸評では「バンタム級へようこそ、ナオヤ。そして、スーパーフライ級ではまだ望んでいたものもあるだろうが、バンタム級にも2017年に鮮烈さを見せ付けた、間違いなく骨のある対戦相手が存在する。もし、大橋ジムとサンフェル・プロモーションズがビッグマッチを実現できるなら、間違いなく強打の応酬となる大一番になるだろう」と分析している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー