[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • 五輪選手は何を食べて強い? 1日7食、毎日納豆… 陸上代表4人の「勝てるごはん」

五輪選手は何を食べて強い? 1日7食、毎日納豆… 陸上代表4人の「勝てるごはん」

8月に世界選手権が行われ、昨年、大きな盛り上がりを見せた陸上界。ライバルと戦う体を作り上げ、ベストパフォーマンスを引き出す上で、大事な要素が「食」だ。では、五輪に出場するような日本のトップ選手たちは何を食べ、どんなこだわりを持っているのか。将来のトップアスリートを目指す中高生は意識すべきことは何か――。昨夏に行われたリオデジャネイロ五輪代表の4選手に話を聞いた。

食の大切さを小学生に伝える「超人シェフ×超人アスリート 夢のスーパー給食」で横浜市内の小学校を訪問した山縣亮太、右代啓祐、長谷川大悟、新井涼平【写真 : 編集部】
食の大切さを小学生に伝える「超人シェフ×超人アスリート 夢のスーパー給食」で横浜市内の小学校を訪問した山縣亮太、右代啓祐、長谷川大悟、新井涼平【写真 : 編集部】

リオ五輪代表・山縣、右代、長谷川、新井が語った「食」のこだわり

 8月に世界選手権が行われ、昨年、大きな盛り上がりを見せた陸上界。ライバルと戦う体を作り上げ、ベストパフォーマンスを引き出す上で、大事な要素が「食」だ。では、五輪に出場するような日本のトップ選手たちは何を食べ、どんなこだわりを持っているのか。将来のトップアスリートを目指す中高生は意識すべきことは何か――。昨夏に行われたリオデジャネイロ五輪代表の4選手に話を聞いた。

 登場したのは、リオ五輪代表400メートルリレー銀メダリストで100メートル日本歴代2位の10秒00を持つ山縣亮太(セイコー)を筆頭に、十種競技の右代啓祐(スズキ浜松アスリートクラブ)、三段跳びの長谷川大悟(横浜市陸協)、やり投げの新井涼平(スズキ浜松アスリートクラブ)だ。

 11月30日に行われた食の大切さを小学生に伝える「超人シェフ×超人アスリート 夢のスーパー給食」(主催=一般社団法人超人シェフ倶楽部、共催=日清オイリオグループ株式会社)で横浜市内の小学校を訪問した4人。それぞれ種目は異なり、筋力、瞬発力、跳躍力など求められる能力が異なるが、日常の練習、あるいは大会に際し、どんな物を食べているのか。「食」に対する考えを語ってもらった。

――それぞれ異なる種目。4人にとって「勝てるごはん」は何でしょうか。

右代「まずは次の日に体を回復させるため、バランス良く摂ること。自分は放っておくと体重変動が激しい。和食中心に組み立てています。そうすることで、変動が落ち着くので、自分にとって和食は大事。体の疲労が大きい時はがっつり肉を食べることもあるけど、波を作らないという意識で、和食は勝負するときに必要なもの。タンパク質は大事。生姜焼きが大好きです」

――右代選手は「キングオブアスリート」と呼ばれる総合性の高い十種競技。気をつけていることは。

右代「練習、競技時間が長いのも競技の特性。間の補食の意識もしている。おにぎりが準備できる環境なら、おにぎり。ゼリー系で瞬時に回復できるものがあれば使っています」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー