[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、PFP最新ランク7位に浮上 山中、ネリ、テテらと来年激突に米期待

井上尚弥、PFP最新ランク7位に浮上 山中、ネリ、テテらと来年激突に米期待

WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は30日に横浜文化体育館で同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に挑む。米ボクシング専門誌「リング」が17階級のボクサーの実力を比較する「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」の最新ランクで1つ上げて7位に上昇。来年はバンタム級に転向する意向を示しており、WBCバンタム級元世界王者・山中慎介(帝拳)、山中戦のドーピング問題で話題を呼んだWBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)らとの戦いに期待が高まっている。

WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

リング誌選出の最新ランクで7傑入り、来年のバンタム級転向に早くも注目

 WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は30日に横浜文化体育館で同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に挑む。米ボクシング専門誌「リング」が17階級のボクサーの実力を比較する「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」の最新ランクで1つ上げて7位に上昇。来年はバンタム級に転向する意向を示しており、WBCバンタム級元世界王者・山中慎介(帝拳)、山中戦のドーピング問題で話題を呼んだWBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)らとの戦いに期待が高まっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「Monster」の異名で恐れられる井上は、2017年最後にボクシング界17階級の全ボクサーの中で、堂々の“神セブン”入りを果たした。リング誌はボクシング界最強を意味するPFPの最新格付けを公開している。

 1位はGGGの異名を取るIBF、WBA、WBC世界ミドル級統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)。2位はWBC世界ジュニアウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、3位はWBO世界スーパーフェザー級バシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、4位はWBO世界ライトヘビー級セルゲイ・コバレフ(ロシア)、5位は元WBC世界ミドル級王者・元WBO世界スーパーウェルター級王者のサウル・アルバレス(メキシコ)、6位はWBC世界ライト級王者のマイキー・ガルシア(米国)といずれも猛者揃いだ。

 前回まで8位だった井上は6人のスターに続き、堂々の7傑入り。そして、30日にボワイヨ戦を控える24歳は、リング誌の特集でインタビューにも応じ、「今年は自分にとってここまで素晴らしい一年だった。ボワイヨに勝って2017年を人生最高のものにしたい」と必勝に期している。

 また、記事では来年の動向に注目。9月に米カリフォルニア州で行われた「Superfly」で同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回TKO勝ちを収め、世界に「モンスター」の異名を轟かせた。当時を「あの試合では雰囲気を感じることができた。アメリカで戦うことへの思いがあっという間に高まった」と振り返ったという。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー