[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】こんなKO劇見たことない!? 一撃失神の「11秒の衝撃」に海外騒然「獣のようなKO」

【名珍場面2017】こんなKO劇見たことない!? 一撃失神の「11秒の衝撃」に海外騒然「獣のようなKO」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は11月にボクシングの世界タイトル戦で起きた「“史上最速”の11秒KO劇」だ。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…11月のボクシング世界タイトル戦“史上最速KO劇”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は11月にボクシングの世界タイトル戦で起きた「“史上最速”の11秒KO劇」だ。WBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)がシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)にタイトル戦史上最速のKO勝ちを達成。衝撃の瞬殺シーンを仏メディア「レキップ・チャンネル」が動画付きで紹介し、海外メディアも「衝撃的な11秒」「獣のようなKO劇」と騒然。世界に大反響を呼んだ。

 まさに瞬殺。目を逸らしていたら、終わってしまう。歴史的KO劇が11月18日、イギリスの地で生まれた。

 WBOタイトル戦。1回だった。試合開始のゴングが鳴る。白いパンツにグローブの王者テテは右手で十字を切り、中央に歩み寄った。どんな試合となるのか――。ファンの心も準備もまだできない、開始5秒だった。ゴニャの右ジャブを軽くいなした次の瞬間、一瞬の隙を突き、強烈な右フックを顎に見舞った。

 すると、ゴニャは仰向けに倒れ、焦点を失った目で完全に失神していた。レフェリーが確認に入る。到底、戦える状態ではない。即座にKO勝ちが下った。時計は残り2分49秒。開始11秒でKOが成立した瞬間だった。実況も事態をのみ込めないといった様子で、ひたすら驚きの声を上げ、興奮状態に陥っていた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー