[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュースの記事一覧

  • ジョコ、今年も芝食べた 優勝後の恒例パフォが海外話題「握手し…えっと…草食べた」

    2019.07.15

    テニスの4大大会ウィンブルドンは14日、男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)がロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、1-6、7-6、4-6、13-12で決勝史上最長4時間57分の激闘を制し、2年連続5度目の優勝を果たした。試合後は恒例となった芝を食べるパフォーマンスを披露。実際のシーンを大会公式ツイッターが公開し、海外メディアも「長い試合で空腹だったのだろう」「握手し…えっと…草を食べた」など大きな話題を呼んでいる。

  • 16歳望月慎太郎、ウィンブルドン公式サイトも特集「ニシコリといくつかの共通項が…」

    2019.07.15

    テニスの4大大会ウィンブルドンは14日、ジュニア男子シングルス決勝でジュニア世界ランク9位の16歳・望月慎太郎(Team YUKA)が同49位のカルロス・ヒメノバレロ(スペイン)に6-3、6-2で勝ち、日本人男子初のジュニア4大大会シングルス制覇の偉業を達成した。最後は強烈なダウンザラインで決着。歓喜を爆発させた歴史的瞬間をウィンブルドンは公式ツイッターで動画付きで紹介するとともに、公式サイトで特集を展開している。

  • フェデラー、敗戦直後の“粋な一言”が再生110万超 海外反響「脱帽だよフェデラー」

    2019.07.15

    テニスの4大大会ウィンブルドンは14日、男子シングルス決勝でロジャー・フェデラー(スイス)はノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-7、6-1、6-7、6-4、12-13で決勝史上最長4時間57分の激闘の末に惜敗。9度目となる戴冠を逃した。しかし、37歳のレジェンドは敗戦直後のコート上インタビューで“粋な一言”で会場のファンを魅了。実際のシーンを大会が動画付きで公開すると再生回数は110万回を突破し、「このインタビューは、真の王者ロジャーが何者かを見せた」などと海外の喝采を集めている。

  • 井上尚弥Vに待った 日本人と激闘の懐かし比英雄「状態100%ならドネア6割方勝利だ」

    2019.07.15

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。日本人ファイターと因縁深い元フィリピンの2階級制覇王者は「ドネアのコンディションが100%なら、6割方勝利だ」と分析。フィリピン地元紙「フィリピン・スター」が報じている。

  • 久保建英、GKナバス翻弄の“絶妙足裏フェイント弾”にファン興奮「うますぎるやろ」

    2019.07.15

    海外サッカーのスペインリーグ1部レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英は北米遠征に帯同し、超豪華メンバーとともに連日練習に参加しているが、クラブは15日、ミニゲームでコスタリカ代表GKケイロル・ナバスを絶妙な足裏フェイントで交わし、ゴールを決めるシーンを動画付きで公開。ファンに「うますぎるやろ」などと興奮と驚きを与えている。

  • 16歳望月慎太郎、歴史的4大ジュニアVに大会祝福 海外絶賛「ネクスト・ニシコリだ」

    2019.07.15

    テニスの4大大会ウィンブルドンは14日、ジュニア男子シングルス決勝でジュニア世界ランク9位の16歳・望月慎太郎(Team YUKA)が同49位のカルロス・ヒメノバレロ(スペイン)に6-3、6-2で勝ち、日本人男子初のジュニア4大大会シングルス制覇の偉業を達成した。最後は強烈なダウンザラインで決着。歓喜を爆発させた歴史的瞬間を大会が動画付きで公開すると、海外ファンからも「ネクスト・ニシコリだ」などと絶賛の嵐となっている。

  • ザギトワ、調整万全!? 恩師の“新SP発表3ショット”に海外反響「世界最高のチーム」

    2019.07.15

    フィギュアスケートの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は新シーズンに向け、母国で調整に励んでいるが、コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏が自身のインスタグラムで新シーズンのショートプログラム(SP)のナンバーが決まったことを明かし、振付師を交えた愛弟子との3ショットを公開。「世界最高のチーム」とエールと反響が届いている。

  • 脇腹直撃後にまさか… 韓国人打者を襲った“珍死球”に米悶絶「アウチュュュュュー」

    2019.07.14

    米大リーグで死球を受けた打者が、脇腹と肘でボールを“キャッチ”してしまう痛~い珍事が発生。実際の瞬間をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開し、「二塁まで進塁させるべき」「こんなの見たことない」「肘当てを着けていて良かった」と米ファンを悶絶している。

  • U-17日本代表、3発&初勝利の裏で残った課題「W杯本番ではチャンスは何回もない」

    2019.07.14

    快勝だったが、課題は残った。「第23回国際ユースサッカーin新潟」の第2日が14日に行われ、U-17日本代表は3-0でU-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表を破って大会初勝利を飾り、通算成績を1勝1敗とした。

  • 井上尚弥、米専門記者が「世界最高パンチャー」と言い切るワケ「全て考慮した結果だ」

    2019.07.14

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。海外メディアやファンから評価されるモンスターについて、米ボクシング専門メディアも「全てを考慮してボクシング界最高のパンチャー」と絶賛している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集