[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、カネロとの対戦実現のカギは放送局!? 米メディアは対戦候補の一人に紹介

村田諒太、カネロとの対戦実現のカギは放送局!? 米メディアは対戦候補の一人に紹介

ボクシングのWBAスーパー、WBC世界ミドル級タイトル戦12回戦(ラスベガス)は15日(日本時間16日)、挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者、サウル・アルバレス(メキシコ)が絶対王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に2-0(115-113、115-113、114-114)で判定勝ち。WBA同級正規王者の村田諒太(帝拳)はゴロフキンとの統一戦を心待ちにしていたが、GGGが陥落。米メディアでは新王者カネロの次戦相手の候補者7人に「RYOTA MURATA」の名前を挙げている。

WBA同級正規王者の村田諒太【写真:Getty Images】
WBA同級正規王者の村田諒太【写真:Getty Images】

米メディアが特集、カネロの相手候補7人に村田の名前が

 ボクシングのWBAスーパー、WBC世界ミドル級タイトル戦12回戦(ラスベガス)は15日(日本時間16日)、挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者、サウル・アルバレス(メキシコ)が絶対王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に2-0(115-113、115-113、114-114)で判定勝ち。WBA同級正規王者の村田諒太(帝拳)はゴロフキンとの統一戦を心待ちにしていたが、GGGが陥落。米メディアでは新王者カネロの次戦相手の候補者7人に「RYOTA MURATA」の名前を挙げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 年末の東京ドームで統一戦計画まで浮上していた村田対ゴロフキンの統一戦だが、無敗のゴロフキンの初黒星で暗礁に。新たな標的はメキシコのスーパースターとなった。「カネロ、GGG戦の勝利で運命を決めるのは自分自身に」と特集したのはESPNスペイン語版だった。

 記事によると、最強の男ゴロフキン相手に勝利したことで、カネロは今後、思い通りのマッチアップが可能になるという。

「カネロは対戦相手を決定することができる」とした記事では7人の候補者の名前を挙げている。

 元IBF世界ミドル級王者のデビッド・レミュー(カナダ)、WBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英国)、元IBFスーパーウェルター級王者ジャーモール・チャーロ(米国)、元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米国)、ウクライナの猛者セルゲイ・デレビヤンチェンコ、元WBA&WBOスーパーウェルター級王者デメトリアス・アンドラーデ(米国)とともに、「リョウタ・ムラタ」の名前が挙がっている。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー