[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初Vの桃田賢斗が東京で見せたかったものは? 「一球一球に必死で食らいついている」

選手は、シャトルの落下点へ。ファンは、会場へ。足を運ぶことに意味のある大会だった。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に各種目の決勝戦を行い、男子シングルスは、桃田賢斗(NTT東日本)がストレート(21-14、21-11)でコシット・フェトラダブ(タイ)を破って初優勝を飾った。

桃田賢斗【写真:平野貴也】
桃田賢斗【写真:平野貴也】

8月の世界選手権に続き日本開催の最高峰の大会制す

 選手は、シャトルの落下点へ。ファンは、会場へ。足を運ぶことに意味のある大会だった。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に各種目の決勝戦を行い、男子シングルスは、桃田賢斗(NTT東日本)がストレート(21-14、21-11)でコシット・フェトラダブ(タイ)を破って初優勝を飾った。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 8月の世界選手権を優勝。実力は証明済みだったが、日本のファンの前で勝ちたかった。約6200人(主催者発表)が駆けつけた晴れ舞台で強さを見せつけた桃田は「世界選手権よりも優勝したい気持ちが強かった。世界選手権は淡々とプレーしていたけど、今日は勝ちが見えてきたくらいで、サーブを打つ時に手が震えた。緊張していた分、いつもより疲れた」と、かけていた思いを明かした。

 ジャパンオープンは、日本で開催される大会の最高峰。世界の強豪のプレーや、日本の選手が世界に挑む姿を間近で見られる唯一の大会として、ファンに知られている。だからこそ、この場で示したいものがあった。

 桃田は、2016年に違法賭博店の利用発覚による出場停止処分を受け、昨年に復帰。ジャパンオープンは、3年ぶりの出場となった。試合から一度離れなければならない時期を過ごした桃田は、嫌いだったフィジカルトレーニングに取り組み、心身ともに粘り強さを見せるようになった。走り込みは苦手だが、日本代表に復帰した際は「復帰させてもらったので、頑張らないといけないと思った」と山登りのメニューで一番にゴールするなど、姿勢を変えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集