[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1シンガポールGP、強すぎるハミルトンがポール・トゥ・ウイン 年間王者に大きく前進

2018年F1グランプリ第15戦、シンガポール・グランプリ(GP)決勝は16日、シンガポールの市街地コース、マリーナ・ベイ・サーキット(1周5.064キロ、61周)で行われ、ルイス・ハミルトン(英国、メルセデスAMG)がポールポジション(PP)から逃げ切って今シーズン7勝目。ドライバーズポイントを281とし、2年連続5回目のチャンピオンに大きく前進した。ポイント2位のセバスチャン・ベッテル(ドイツ、フェラーリ)は3位と表彰台には立ったものの、ハミルトンと40ポイント差とさらにギャップが広がり、5年ぶりの王座奪回はかなり厳しい情勢となった。

ルイス・ハミルトン【写真:Getty Images】
ルイス・ハミルトン【写真:Getty Images】

ハミルトンが圧勝で今季7勝目、2年連続のチャンピオンへベッテルとの差を広げる

 2018年F1グランプリ第15戦、シンガポール・グランプリ(GP)決勝は16日、シンガポールの市街地コース、マリーナ・ベイ・サーキット(1周5.064キロ、61周)で行われ、ルイス・ハミルトン(英国、メルセデスAMG)がポールポジション(PP)から逃げ切って今シーズン7勝目。ドライバーズポイントを281とし、2年連続5回目のチャンピオンに大きく前進した。ポイント2位のセバスチャン・ベッテル(ドイツ、フェラーリ)は3位と表彰台には立ったものの、ハミルトンと40ポイント差とさらにギャップが広がり、5年ぶりの王座奪回はかなり厳しい情勢となった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 市街地コースでのナイトレースで、シンガポールの美しい夜景の中、広げられる世界最高峰のバトルは、ハミルトンの独壇場だった。

 つけ入るスキのないポール・トゥ・ウイン。スタートを決め、後続のアクシデントでセーフティーカーが導入されてのリスタートも難なくクリアすると、後はほぼ一人旅。2位のマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル)がペースを上げると、それに合わせてセーフティーリードを保つ完璧なレース運びだった。

 終わってみれば、ハミルトンの強さばかりが際立った。フリー走行では、市街地コースで抜きどころがなく低速コーナーが多いコースに合っていると思われるレッドブル勢や、コンストラクターズ・ランキング2位につけるフェラーリ勢が好タイムを出していたが、ハミルトンが公式予選で1分36秒015のスーパーラップをたたき出してPPを奪取した時点でほぼ勝負あったと思わせる決勝のレースぶり。ここ一番は絶対にミスをしない王者らしさを見せ、通算69勝目。70勝の大台に王手をかけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集